読書時間: 2 分

ストーリーを読んで聞いてください:「グッド ジルベルト」

フランチェスカ・ルベルトの親愛なる友人たち、こんにちは♥

今日は、著書「Favole al telefone」から抜粋した「Good Gilberto」を読み上げます。 ジャンニ・ロダリ

Gianni Rodari

Giovanni Francesco Rodari, detto Gianni[1] (pronuncia Rodàri, /roˈdari/; Omegna, 23 ottobre 1920 – Roma, 14 aprile 1980), è stato uno scrittore, pedagogista, giornalista e poeta italiano. È l’unico scrittore italiano ad aver vinto il Premio Hans Christian Andersen (1970). (leggi ancora)。

Il buon Gilberto
良いジルベルト 4

良いジルベルトはとても勉強熱心だったので、いつも大人の言うことに注意を払っていました。

Una volta senti dire da una donna: – Guardate la Filomena come vuoI bene alla sua mamma: le porterebbe l’acqua nelle orecchie.
良いジルベルトは次のように振り返った: - 素晴らしい言葉だ。本当に覚えておきたい。
Qualche tempo dopo la sua mamma gli disse: – Gilberto, vammi a prendere un secchio d’acqua alla fontana.
Subito, mamma – disse Gilberto. Ma intanto pensava: – Voglio dimostrare alla mamma quanto le voglio bene. Invece che nel secchio, l’acqua gliela porterò nelle orecchie.

彼は噴水に行き、その下に頭を入れ、耳に水を入れました。 指ぬきほどの量があったので、それを家に運ぶのに、ジルベルトは頭をひねっていなければならなかった。
Arriva quest’acqua? – brontolò la mamma che ne aveva bisogno per fare il bucato.
Subito, mamma – rispose Gilberto, tutto affannato.

しかし、答えるために彼が頭をかしげると、耳から水が流れ出て首を伝った。
彼はもう一方の耳を満たすために噴水に走った。そこには最初の良い耳と同じくらいの水があった。
ジルベルトは頭を反対側にひねったままにしなければならず、家に着く前に水がすべてこぼれてしまった。
Arriva quest’acqua? – domandò la mamma stizzita.

私の耳が小さすぎるのかもしれない、と思ってジルベルトは悲しんだ。 しかし、その間、彼の母親は忍耐を失い、ジルベルトが噴水で遊んでいたと信じて、彼に2つを与えました。
たたき、両耳に 1 つずつ。
かわいそうなジルベルト。
彼は二度の平手打ちを安心して受け止め、今度はバケツで水を運ぶことに決めた。

ジャンニ・ロダリ

フランチェスカ・ルベルトより、おやすみと良い夢を♥

mamma legge la fiaba
おとぎ話
良いギルバート
Loading
/

5x1000 を私たちの協会に寄付してください
費用は一切かかりませんが、私たちにとっては非常に価値のあるものです。
小さながん患者を助けるためにご協力ください
あなたが書く:93118920615

最新記事

mamma e bimba nel giardino
2024 年 4 月 17 日
Edoardo ascolta i fiori
action, adult, athlete, disabili che giocano
2024 年 4 月 17 日
Disabilità: via libera ultimo decreto attuativo
la misericordia di Dio
2024 年 4 月 17 日
Ecco com’è davvero la misericordia…
Udienza Generale del 17 aprile 2024
2024 年 4 月 17 日
2024 年 4 月 17 日の一般視聴者
Eucaristia
2024 年 4 月 17 日
2024年4月17日の言葉

今後のイベント

××