Tempo di lettura: 7 minuti

小さな働きアリの話を読んで聞いてみましょう

La 寓話 今夜、素晴らしい教訓を伝えていますが、それを知るにはすべてを聞かなければなりません。

E’ un poco lunghetta, ma riserva delle sorprese.

読書をお楽しみください

何年も前、針葉樹林の端に小さなアリのコロニーが住んでいました。 彼らはそこに巣を作りました。そこは、大きさの異なる多数の部屋からなる美しい地下蟻塚でした。

部屋はアリ塚全体を横切る一種のトンネルで互いに接続されており、アリ塚は非常に大きく、アリが出入りできるさまざまな開口部がありました。

Ogni formica aveva un proprio preciso compito.

la piccola formica operaia
花の上のアリ

巣に誰が出入りするかをチェックし、外部の捕食者からの攻撃の可能性を監督する警備員がいました。 本物のアリ、つまり新しいコロニーを生み出す任務を負ったアリと、巣の建設や修復、食物の収集、ヒナの飼育、食料庫の配置などのさまざまな仕事を任された働きアリがいました。の上。

すべてが非常に組織化されており、各アリは何をどのように行うかを常に知っていました。 女王アリによって設定されたさまざまな作業段階が中断されながら、日々は平和に過ぎました。

働きアリの中には、最近冬の食べ物を集める任務を与えられたばかりの、ルーシーという名前のとても活発なアリがいました。
La mattina, subito dopo colazione, Lucy, assieme alle altre piccole formiche operaie che facevano parte della sua squadra di lavoro, si recava nel bosco e lì cercava e raccoglieva il cibo che avrebbero poi dovuto trasportare fino al nido.

それはほとんどが種と葉で、サイズも質感もさまざまでした。
Il lavoro era molto pesante ma Lucy sapeva come renderlo “interessante”. Ed infatti cercava sempre di trovare il modo per farlo sembrare quasi un gioco.

そして、たとえば、種子を運ぶことが、空飛ぶ円盤に乗ったエイリアンの攻撃から巣を守るためのミサイルの輸送になったということが起こりました。 あるいは、葉っぱを摘むことが、何年も前に海賊によって森に隠された宝物を幸運にも発見することになったが、その宝物を取り戻すために戻ることはできなかった。

仕事についてのこの考え方は、ルーシーの仲間たちには必ずしも理解され受け入れられたわけではなく、彼女はまだ子供で、自分たちに課された仕事の重要性を理解していないと言って彼女をからかうこともありました。
In realtà Lucy sapeva bene che il lavoro che doveva fare era molto importante, è solo che cercava di renderlo più allegro, più sopportabile. Infatti vi erano delle giornate, soprattutto quando pioveva, in cui il lavoro era veramente pesante e a volte a Lucy sembrava di non farcela.

la piccola formica operaia
アリの群れ

このようなとき、仕事をゲームとして考え、日常の行動に想像力を少し加えることは、他の方法と同じように、仕事をほぼ簡単にする方法になりました。

月日が経ち、ルーシーは日に日に仲間たちから遠く離れていくように感じ、あたかも自分が別の世界、他のアリたちが行きたがらない世界、訪問すらしたくない世界に住んでいるかのように、ほとんど違うように感じました。
Finì quindi con il pensare di essere sbagliata perché, in fondo, era l’unica formica che si comportava così, era l’unica formica che a volte faceva trasparire la fatica delle giornate trascorse.

したがって、彼は、日々をより耐えられるように想像力を働かせるのをやめて、他のアリと同じように行動し始めることが正しいことだと考えました。

Iniziò così un periodo molto difficile in cui Lucy lavorava incessantemente dalla mattina alla sera quasi a voler dimostrare di essere in grado di fare quello che facevano anche le altre anzi, di più.

最初の数日はとても重く、実際、ルーシーは夕方になると疲れでぐったりして、蟻塚で毎日開催されていた会社の夕べにも参加しなくなりました。
Man mano che i giorni passarono Lucy iniziò ad abituarsi ai nuovi ritmi di lavoro e, anzi, ad un certo punto sembrò non sentire più la stanchezza e iniziò a fare ogni giorno qualche cosa in più.

そこで、すべてのアリのように通常の 8 時間働く代わりに、彼は 8 時間半、次に 9 時間、さらに 9 時間半と、1 日あたり最大 12 時間働くようになりました。

仲間たちはおそらくこれがこの仕事の正しいやり方ではなく、おそらく彼女が誇張しているのだと彼女に理解させようとしたが、ルーシーは彼らの手伝いの試みを邪魔であり、ほとんど彼女に対する羨望の言葉とみなした。 結局のところ、彼女が仕事の本当の価値を理解できないと言って、彼女にますます仕事を押し付けたのは彼らだったのだ。

La dispensa che era stata assegnata a Lucy per la raccolta dei semi era ormai piena ma a Lucy questo non bastava e continuava, nonostante tutto, a raccogliere altri semi e a portarli nella cella finché un giorno, dopo essere entrata dalla piccola fessura che era rimasta come apertura e aver posato il seme sulla cima di un grandissima fila di altri semi, sentì un insolito rumore.

それは振動と雷のような音の組み合わせのようでした。 すぐに、ルーシーは自分が大量の種の中に沈んでいるのに気づき、より多くの種を摂取するために集めて積み上げた食べ物がすべて崩れ落ちていることに気づきました。

圧倒されてしまった種の重さに怖くて傷ついたルーシーは周りを見回して、部屋には動けるような小さなスペースすら残されていないことに気づきました。

種子が落ちると、彼女の周りにほとんど壁ができてしまい、彼女は外に出ることができなくなりました。また、足を負傷していた彼女は壁を登って反対側に降りることができなかったからです。

la piccola formica operaia
蟻塚にはまったアリ

幸いなことに、落ちた種の音が非常に大きく、蟻塚の番人が聞きつけたので、急いでルーシーをパントリーから助け出して保健室に連れて行き、ルーシーはそこで数日を過ごし、何が起こったのかを考える時間を持ちました。

そして、これらすべてを考えただけで、彼は自分が間違っていたことに気づきました。 そう、彼女がしたのは、自分自身であることを放棄することであり、他人が彼女にそうありたいと思うであろう考えに同調する、やりたいことに満ちた陽気なアリだったからである。 そして、そうすることで、自分が必要とする安全を、決して与えられないものに求めていたことも理解していました。 実際、彼は常に忙しくし、より多くのことを行うことで、それを模索していました。 だからこそ、仕事を止めることが弱さの表れであるかのように、仕事が彼の唯一の職業になってしまったのだ。

Lucy si rese anche conto di essere stata molto fortunata perché, in fin dei conti, aveva un’altra possibilità, quella di tornare ad essere se stessa, la vera Lucy, quella che lavorava si, ma che sapeva anche farlo divertendosi, quella per cui il fare era importante ma per la quale c’erano anche tante altre cose, il divertimento, gli amici e la spensieratezza.

彼女は他人からの評価を恐れて自分らしくあることを諦めていたことに気づき、二度と同じ間違いは犯さないと誓った。


道徳の

私たちが毎日行うことにおいて、常に最善を尽くして最善を尽くすことは正しいことですが、人と違うことを望まず、常に自分らしくあることが正しいのと同じように、自分の限界を認識し受け入れることも正しいことです。単に他人を喜ばせるため、または他人の評価を恐れて人々。
Se le altre formiche avessero capito che il comportamento di Lucy era il modo che essa aveva trovato per sostenere i pesanti ritmi del lavoro, allora, forse, le cose sarebbero andate diversamente.

もしルーシーが想像力を持たずに自分が何を感じたか、そして彼女が努力したことを彼らに説明しようとしていたら、おそらく彼らは違った方向に進んだだろう。

自分らしくあることは、他人を失望させることを意味するのではなく、自分自身に適切な重要性を与え、自分を大切にすることを意味します。これは、私たちを愛するすべての人が私たちに、そして私たちに望んでいることです。

楽しく聞いてください

mamma legge la fiaba
Le favole della buonanotte
小さな働きアリ
Loading
/


助けてください!

La piccola formica operaia 9
あなたの少額の寄付で若いがん患者に笑顔を届けます

最新記事

mani sul cuore
13 Aprile 2024
Messo da parte per la sua gloria
Gesù cammina sulle acque
13 Aprile 2024
La Parola del 13 aprile 2024
Eugenio e Nicola in palestra
2024 年 4 月 12 日
Preghierina del 12 aprile 2024
moscerini al tramonto in un campo fiorito
2024 年 4 月 12 日
Un’armonia mi suona nelle vene
persone camminano
2024 年 4 月 12 日
時間をください!

今後のイベント

××