読書時間: 2 分

サミ・アル・カシムの詩「シャローム」を読んで聞いてみましょう

アル・カシムは 1939 年に北部のザルカ市で生まれた。トランスヨルダン、今日ヨルダン, mentre suo padre era nella Legione Araba del re ヨルダン王アブドラ1世.

彼はある家族の出身でしたドゥルーズ派の街からラメーハイでガリラヤ。 彼は中学校を卒業しましたナザレ。 彼の家族は戦後、家を放棄することを余儀なくされました(ナクバ原理と芸術に関する著書の中で、彼は次のように説明しています。

私がまだ小学生だったころ、パレスチナ悲劇が起こりました。 私が覚えている最も古いイメージはその戦争のものであるため、私は 1948 年が私の誕生日だと考えています。 私の想いやイメージは48という数字から生まれます

サミ・アル・カシム

アル・カシムは 24 巻の本を書きました。そして6冊の詩集を出版しました。 彼の詩は一般に比較的短く、中にはわずか 2 行のものもあります。

彼はジャーナリストとして新聞社で働いていたアル・イティハドアル・ジャディード索引.

Shalom
Shalom 9

一緒に読みましょう

他の人にも平和を歌わせましょう
友情、兄弟愛、そして調和。

カラスの鳴き声は他人に任せる
私の詩の中で誰かが廃墟で叫ぶだろう
鳩の塔の破片を狩る黒いフクロウに向かって。

他の人にも平和を歌わせましょう
穀物が畑で消費される間、
死神の歌が響くのを待ち望んでいた。

他の人にも平和を歌わせましょう。

有刺鉄線の向こうにいる間
暗闇の中心で
都市の天幕が近づいてくる。

彼らの住民は、
悲しみと恐怖の和解
そして記憶の結核。

そこにいる間、人生は消えていきます、
私たちの人々の中で、
人生で決して傷つけることのない罪のない人々の中に!

そしてここでは同時に、
多くの人が…とても豊かな生活を送ってきました!
彼らの先祖は彼らに莫大な富を残した
そして悲しいことに、他の人にとっても。

この遺産、長年の痛みは今では彼らのものです。
だから、お腹が空いた人はお腹いっぱい食べましょう。
そして、恨み屋の残り物を孤児たちに食べさせる。
他の人にも平和を歌わせましょう。

私の土地、その丘と村の間で
平和は殺された。

サミ・アル・カシム、1964年

一緒に聞きましょう

mamma legge la fiaba
おとぎ話
シャローム
Loading
/

助けてください!

Shalom 7
あなたの少額の寄付で若いがん患者に笑顔を届けます

最新記事

pane, acqua e crocifisso
15 Aprile 2024
Preghierina del 15 aprile 2024
sunflowers, sunflower field, woman, donna fra i girasole
15 Aprile 2024
Il piccolo girasole coraggioso
bimbo arrabbiato
15 Aprile 2024
Diventare pronto e lento
Gesù sul mare di Tiberiade
15 Aprile 2024
La Parola del 15 aprile 2024
credere in Dio
2024 年 4 月 14 日
2024年4月14日の祈り

今後のイベント

××