サン・フェルディナンド・ダラゴナの物語を読む

Ferdinando d’Aragona (Aragona, 1030 – Alvignano, 27 giugno 1082) è stato un vescovo di Caiazzo, considerato santo dalla Chiesa cattolica.

伝記

アラゴンのフェルディナンドは、伝統によればアラゴン王家の血統で、1030年頃に生まれました。彼は孤独で瞑想的な精神生活に身を任せ、イタリアではローマとガルガーノのサンミケーレの聖域への巡礼者でした。 彼は巡礼者としてカンパニアにも到着し、そこでカイアッツォ近くの森に立ち寄りました。

彼の生涯の間に彼は数多くの奇跡を起こし、彼の死後、多くの奇跡が彼に帰せられました. 思春期から魔術師と見なされていた彼は、カイアティーニの丘で働き、病人、盲人、体の不自由な人を癒し、抑圧された人を悪霊から解放したと信じられています。 彼に起因する「神聖さの評判」により、カイアッツォの信者は、1070年に司教アルギジオが亡くなって以来空席だった司教の椅子に彼を昇格させるようになりました.

彼はアルヴィニャーノの領土で巡礼をしているときに、激しい熱に襲われ、3 日後の 1082 年 6 月 27 日に亡くなりました。 彼の遺体は、サンタ マリア ディ クブルテリア教会に埋葬されました。

カゼルタ州のカルトと人気の伝統

人気のある伝統は、さまざまな奇跡に関する祈りの伝説を含む、さまざまな形態の崇拝を司教の姿に帰しています.

現在、遺物の一部は、アルヴィニャーノのサン セバスティアーノ マルティーレ教会のサン フェルディナンドに捧げられた像の下の壷に保管されています。

奇跡

これらの奇跡の 1 つは、彼の体の発見に関するものです。実際、彼の墓は 1465 年まで不明のままでした。伝承によると、サンタ マリア ディ クブルテリア教会の近くで小麦の収穫が行われている間、何人かの農民がワインの樽を見た後です。 「2回オーバーフローする」場合、彼らは彼の体を見つけたでしょう.

Altro evento miracoloso che la tradizione attribuisce a Ferdinando d’Aragona riguarda il tentativo, fatto il 9 agosto 1619 dal vescovo di Caiazzo, Filomarino, e dai fedeli, di trasferirne le spoglie nella cattedrale di Caiazzo: arrivati al confine, a causa di un violento temporale, la mula che trasportava l’urna funeraria si sarebbe inginocchiata rifiutandosi di proseguire.

司教がアルヴィニャーノに戻ることを決定した後、ラバは起き上がり、帰り道で太陽が再び昇りました。 その後、多くの祈りの後、フィロマリーノはいくつかの遺物をカイアッツォ大聖堂に移し、聖フェルディナンドに捧げられた像の銀の胸像に納めました。

3 つ目の奇跡は 1656 年に起こりました。フェルディナンドはアルヴィニャーノとドラゴニの住民をペストの流行から守っていたでしょう。 忠実な人々がフェルディナンドの墓に祈りを捧げたため、毎晩大聖堂が光で輝き、四旬節の毎週土曜日には墓の近くで行列が行われたと言われています。

Ci fu anche un quarto miracolo: negli anni 60 del Novecento, il Rettore del Santuario dell’Addolorata in Alvignano voleva trasferire le reliquie al Santuario, dimora più decorosa. Caricata l’urna su un’automobile, questa non poteva essere messa in moto, il Rettore si recò allora a spingerla, ma all’improvviso si abbatté un enorme temporale e si arrese.

骨壷は、聖人の常居所近くの私有礼拝堂に保管され、最近の偵察の後、聖人の遺体がサン・セバスティアーノ教会に移され、貴重な 18 世紀の骨壷に納められるまでそこに置かれていました。

パーティー

4月29日: ad Alvignano da tempo immemorabile si svolge la processione in onore di san Ferdinando d’Aragona.

信者、特に農民は、朝一番に「フラオリーゼ」の場所に集まり、木製の十字架と聖人の肖像を頭に乗せて行列を作り、聖ペテロ教会に向かいます民謡と花火を唱えるポール。 ここで彼らは祝福を受け、彫像を持ってサンタ・マリア・ディ・クブルテリア大聖堂(現在はサン・フェルディナンドに捧げられている)に向かいます。そこでは、畑の作物に感謝のミサが行われます。 最後に、行列は聖ペテロとパウロの教会に戻り、さらに厳粛な祝福の後、集会は解散します。

6月27日: アラゴンのフェルディナンドの死の記念日の機会に、1656 年のペストのいわゆる奇跡を記念して、聖人の典礼の饗宴です。

アルヴィニャーノのサン・セバスティアーノ教会から始まり、聖人の像と遺物があり、もう1つはドラゴニのアヌンツィアータ教会から始まり、サン・フェルディナンド大聖堂に向かいます。 ドラゴニからの行列がアルヴィニャーノとの市境(フェラーリ経由にある橋の上)に到着している間、焚き火が灯され、焚き火が消費されるまで聖人に敬意を表して祈りが唱えられ、賛美歌が唱えられます。アルヴィニャーノから最初に到着した巡礼者が待っている大聖堂に到着します。

Vengono celebrate le funzioni religiose con la celebrazione della S. Messa in onore del Santo patrono e Protettore delle terre di Alvignano e di Dragoni, dopodiché al termine delle funzioni religiose l’assemblea di Dragoni con la statua del Santo riparte verso il proprio paese mentre la statua con l’urna contenenti le reliquie del Santo soggiorna l’intera giornata nella sua antica dimora e l’assemblea si scioglie.

同じ日の夕暮れに、集会は大聖堂で再び集まり、行列はトーチライトの行列、祈りと人気のある歌で再開し、サンセバスティアーノ教会に向かい、遺物を持った像の到着を待ちます。お祝いの人々と火 結論として、ミサはサン・セバスティアーノの大司教教会で祝われます。

7 月の第 2 日曜日: アルヴィニャーノの守護の饗宴です。見本市が開催され、守護聖人の彫像と遺物がサン セバスティアーノ教会から町の通りを行列で運ばれます。 これらのお祭りは 3 日間続きます。

7 月の第 3 日曜日: ドラゴニでは守護の饗宴であり、アルヴィニャーノと同様、守護聖人はサン フェルディナンド ダラゴナです。 聖女像を掲げた行列は、アヌンツィアータ教会から始まり、町を一周します。

8 月の第 1 日曜日: サン フェルディナンドは、常にアルヴィニャーノにあるサンティ ピエトロ エ パオロ教会でも祝われます。 彼の像は、使徒ペテロとパウロ、サンタナとサンアントニオ・ディ・パドヴァの像とともに行列で運ばれます。

10 月 29 日: Caiazzo ではパトロンの祝宴です。 サント ステファノ ミニシロ司教が祝われます。この機会にサン フェルディナンド ダラゴナも祝われます。前任者であるサント ステファノと同様に、彼らはカイアッツォ教区の共同後援者であるためです。

ソース©ウィキペディア

アルヴィニャーノの守護聖人サン・フェルディナンド・ダラゴナ

アラゴンのサンフェルディナンド 1
アラゴンの聖フェルディナンド 4

今日 6 月 27 日は、カイアッツォの司教であるスペイン王家の血を引くサン フェルディナンド ダラゴナ (1030 年頃 - 1082 年頃) の典礼の饗宴です。 9 世紀以上にわたり、アルヴィニャーノとドラゴニのコミュニティを団結させてきた偉大な聖人。

その実在を証明する最古の文書は、1231 年付けの Caiatino Episcopal Archive からの羊皮紙であり、「Beato Ferrandoconfori in eadem ecclesia quiescenti」および「in ecclesia Sancte Marie de Cornello coram arca beati Ferrandi」と報告されています。 より正確には、この公証書はアルヴィニャーノの現在のサン・フェルディナンド教会で、まさに「祝福された」フェルディナンドの墓の前で起草されました。

San Ferdinando
アルヴィニャーノにあるサン フェルディナンド ダラゴナ教会、旧聖マリア ディ クブルテリア教会。

しかし、私たちが同じ名前の別の聖人、カスティーリャとレオンの王である聖フェルディナンド3世(1198-1252)と混同されるべきではないことをすぐに明確にする必要があります. この不正確な解釈は、スペイン王の死の 21 年前に作成された、ちょうど 1252 年に行われた公証人によって証明されました。

Curioso, comunque, è l’aneddoto del ritrovamento del suo corpo dopo secoli di abbandono: quello della “botte di san Ferdinando”. Durante i lavori della mietitura nella campagna alvignanese, alcuni contadini posero una botte di vino sopra una pietra all’ombra della basilica diruta.

Il vino, perciò, avrebbe traboccato dalle congiunture tra le doghe della botte. Spostatala da quel luogo non avrebbe emesso più alcuna goccia e ripetuto più volte l’esperimento si riconobbe la natura miracolosa del fenomeno.

この驚くべき知らせを受けて、カイアティーノ司教が聖職者と共に現場に到着し、石を取り除いたところ、忘れ去られていた聖フェルディナンドの埋葬が発見されました。 その後、彼の聖遺物がカイアッツォ大聖堂に移されるのを防ぐために聖人の多くの超自然的な障害があったため、それらはコルネッロ・ディ・アルヴィニャーノのサンタ・マリア大聖堂の高祭壇の下に置かれました。

地元の伝統では、聖人は何よりもペストや熱に対して使用されていましたが、おそらく彼が認めた最大の奇跡は、ナポリ王国全体を襲い、人口の半分を奪った1656年の有名なペストからアルヴィニャーノが解放されたことです。 流行の間、サン・フェルディナンド大聖堂は夜に超自然的な光で照らされ、その保護が確認されたと言われています.

Storicamente provata, ancora, è la devozione dei re aragonesi di Napoli come quella del re Alfonso I che nel 1443 concesse ad Alvignano di tenere ogni anno una fiera in onore di san Ferdinando la seconda domenica di luglio.

しかし、私たちの聖人がアラゴン王家に属していたという伝統も私たちに受け継がれています. 実際、同じ主権者は聖フェルディナンドとの親族関係を確認し、彼がカイアッツォに住んでいた金庫室の 1 つで、伝統によれば聖人に属していた銀の洗面器とマグカップを自分のために取り、大聖堂に良い金額で返済しました。カイアティーナに報酬を与える。

カイアッツォ大聖堂、サン フェルディナンド ダラゴナの銀の胸像、マッテオ トレリア作、1706 年。
カイアッツォ大聖堂、サン フェルディナンド ダラゴナの銀の胸像、マッテオ トレリア作、1706 年。

サン フェルディナンドのカルトは、1626 年に司教デ シオがハプスブルク家の神聖ローマ皇帝フェルディナンド 2 世への贈り物として歯付きの顎を与えたときに、カイアティーナ教区の境界を越えました。 さまざまな変遷の後、この遺物はピエモンテ州のカサーレ モンフェッラートに移され、クレアの聖域の遺物の礼拝堂に今も保存されています。

La venerazione degli abitanti di queste contrade, poi, si espresse anche in campo artistico riempiendo le chiese della diocesi di numerose rappresentazioni del santo vescovo.

L’affresco più antico che si conosce risale al XV secolo ed è ubicato nella chiesa dell’Annunziata di Alvignano; un altro, datato 1531, si trova nell’antichissima chiesa di San Mauro, sempre ad Alvignano.

Ma le effigi cui sono più legati i fedeli sono i quattro busti che vengono portati in solenne processione durante la festività. Il primo si trova nella chiesa dell’Annunziata di Dragoni; altri due sono conservati ad Alvignano di cui quello più antico, risalente al 1819, fu commissionato grazie alle donazioni delle più antiche famiglie alvignanesi che lo dotarono anche di una teca d’argento, di un anello e di una croce pettorale contenente una sua reliquia.

最後に、4番目の最も重要なバストは、カイアッツォの大聖堂に保管されている銀の壮大な作品で、1706年に有名なナポリの金細工師および銀細工師のマッテオ・トレグリアによって作られました.ナポリのサン・ジェンナーロの宝物。

したがって、聖フェルディナンドが共同守護者であるカイアッツォ教区の住民は、そのような精神的、歴史的、芸術的、そして人間的な遺産の管理者です。の カイアッツォ 聖人に献身し、クリスチャンの完璧なモデルである偉大な司教に敬意を払う方法を知り、教区での新しい福音宣教とキリスト教の復活を可能にする方法を知っています。

ソース© トマソ・タルタリオーネ 歴史の専門家 – カゼルタ研究センター

Ultimo aggiornamento: 31 Gennaio 2023 9:17 by レミギウス・ロバート

レミジオ・ルベルトのアバター

こんにちは、エウジェニオの父、レミジオ・ルベルトです。 私をエウジェニオに結び付ける愛は、時を超え、空間を超えています。

コメントを残します