アッシジの聖フランチェスコの物語を読む

大きな志を持った青年

小柄で社交的な性格のフランチェスコは、常に大きなことを成し遂げたいという願望を心に抱いていました。 彼が20代で去ったとき、これは彼を感動させました。 アッシジ ペルージャ e poi per la crociata.

裕福な織物商人ピエトロ・ディ・ベルナルドーネとプロヴァンスの貴婦人ピカの息子である彼は、1182年に生まれ、家族と世俗的な生活の快適さの中で育ちました。 激しい戦争の経験から戻ったとき、病気で動揺していた彼は、誰にも認識できないように見えました. 紛争の経験を超えた何かが、彼の心に深い皺を寄せていた。 .

アッシジの聖フランチェスコのイコン
アッシジの聖フランチェスコ 3

衝撃的な出会いと質問: しもべに仕えるか、マスターに仕えるか?

彼はスポレートで夢の中で受け取った言葉を決して忘れなかったでしょう:「なぜあなたはマスターの代わりにサーヴァントを探すのですか?」. 彼の存在は、何かを知りたいという絶え間ない欲求に突き動かされて、新しい道を歩み始めました。 神は彼を呼んだ.

ウンブリアの田園地帯の静けさの中での祈りと熟考は、彼が常に嫌悪感と反発を感じていたハンセン病患者と追放者を兄弟として受け入れるように導きました。

サンダミアーノ。 「フランシス、壊れた私の教会を修理しに行きなさい」

La voce udita a Spoleto tornò a irrompere nel silenzio dell’orazione davanti ad un crocifisso bizantino nella chiesetta abbandonata di San Damiano: “Francesco, va’ e ripara la mia chiesa, che come vedi cade tutta in rovina”.

Quel richiamo, dapprima inteso come un invito a ricostruire pietra su pietra il rudere della cappellina, negli anni svelerà al giovane il suo pieno significato.

彼は「偉大なこと」、つまり、従順な精神で、分裂と異端によって交差した彼の時代の教会を「更新する」ように召されました。

マドンナ貧困の配偶者

L’incontenibile gioia scaturita dal sentirsi amato e chiamato dal Padre accrebbe nel giovane il desiderio di vivere di Provvidenza e, in ossequio al Vangelo, decise di cedere ogni bene ai poveri. Era ormai incolmabile il divario creatosi con papà Pietro di Bernardone.

後者は公に彼を非難し、息子はマドンナ貧困と結婚したいという彼の親密な願望を宣言し、グイド司教の前で服を脱ぎました。

兄弟の最初のコミュニティ。 教皇は規則を承認します

フランチェスコには、彼と同じように生きたいと願う多くの仲間が加わりました。 福音 alla lettera in povertà, castità e obbedienza.

1209年、「修道士」の最初の核がローマに行き、教皇インノケンティウス3世に会った.彼は「燃えるような目をした小さな若者」に感銘を受け、規則を承認し、1223年にホノリウス3世によって決定的に確認された.

貧しいクラレスと三次

Attratta dal carisma di Francesco fu anche Chiara, una nobile di Assisi.

フランシスは彼女を歓迎し、第二のフランシスコ修道会を始めました。」貧しい女性たち」、次に方法をメモします 可哀想なクレア; それから彼は平信徒のために第三の秩序を設立しました。

フランシス・アルター・クリスタス

L’ardente amore per Cristo, espresso teneramente nella rappresentazione del primo presepe vivente a Greccio nel Natale 1223, portò il poverello a conformarsi a Gesù e a ricevere, primo santo nella storia, il sigillo delle stimmate.

「神の道化師」である彼は、信仰の喜びを目の当たりにして、非信者を福音に近づけ、聖地で彼を敬意を持って歓迎したスルタンの関心さえも獲得しました。

フランシスの生涯、創造主への賛美

La vita di Francesco fu una costante lode al Creatore.

Il “Cantico di Frate Sole”, primo capolavoro poetico della letteratura italiana, scritto quando era ormai prostrato dalla malattia, è espressione della libertà di un’anima riconciliata con Dio in Cristo.

1226 年 10 月 3 日の夜、「姉妹の死」が彼を訪ねてきたとき、聖人は喜んでイエスに会いに行きます。

信仰と友愛の鼓舞者、アッシジの精神

彼は裸地で44歳で亡くなりました ポーティウンクラ、彼が許しの耽溺を贈り物として受け取った場所。 正規化は2年後に行われました。 フランシスコの精神は、教会への服従、真実と慈愛の対話を構築すること、そして世界を守ることにおいて、多くの人々を鼓舞し続けています。 作成した.

アッシジの聖フランチェスコ
アッシジ – ポルツィウンコラ

ソース© コミュニケーションのディカステリー

レミジオ・ルベルトのアバター

こんにちは、エウジェニオの父、レミジオ・ルベルトです。 私をエウジェニオに結び付ける愛は、時を超え、空間を超えています。

コメントを残します