2022 年 12 月 25 日の御言葉を読んで聞く

主のクリスマスの厳粛

初読

地の果てはすべて、私たちの神の救いを見るでしょう。

預言者イザヤ書より
52,7-10 です
 
彼らは山の中でどれほど美しいか
平和を告げる使者の足、
救いを告げ知らせる福音の使者の、
シオンに「あなたの神は治めます」と言う者。

声! あなたの番人は声を上げ、
共に喜び、
彼らは目で見るから
主のシオンへの再来。

喜びの歌で一緒に爆発し、
エルサレムの廃墟、
主はその民を慰め、
エルサレムを贖った。

主はその聖なる腕をむき出しにされた
すべての国の前で。
地球の果てまで見えるだろう
私たちの神の救い。

神の剣。

応答詩篇
詩篇 97 篇より (98)

A. 地球全体が私たちの神の救いを見てきました。

主に向かって新しい歌を歌い、
彼は奇跡を起こしたからです。
彼の右手は彼に勝利をもたらした
そして彼の聖なる腕。 R.
 
主は救いを知らせ、
異邦人の目に彼は自分の義を明らかにしました。
彼は愛を思い出し、
イスラエルの家に対する彼の忠実さについて。 R.
 
地の果てまで見た
私たちの神の勝利。
全地よ、主をほめたたえよ。
叫んで、応援して、賛美歌を歌ってください! R.
 
竪琴をもって主に賛美歌を歌い、
ツィターと弦楽器の音に合わせて。
トランペットとホルンの音に合わせて
王、主の前で叫びます。 R.

第二読会

神は御子を通して私たちに語られました。
ヘブライ人への手紙から Heb 1,1-6

昔、預言者を通して父祖たちに何度も、さまざまな方法で語られた神は、最近、すべてのものの相続人に任命し、世界を造られた御子を通して私たちに語られました。

Egli è irradiazione della sua gloria e impronta della sua sostanza, e tutto sostiene con la sua parola potente.

罪の浄化を完了した後、彼は天使たちよりも優れた名前を受け継いだのと同じくらい、最高の天で威厳の右座に座っていました.
Infatti, a quale degli angeli Dio ha mai detto: «Tu sei mio figlio, oggi ti ho generato»?

そして再び:「私は彼の父親になり、彼は私の息子になります」? 代わりに、彼が長子を世界に紹介するとき、彼はこう言います:「神のすべての天使が彼を崇拝しますように」.

神の剣。

ゴスペル・アクラメーション

ハレルヤ、ハレルヤ。

私たちにとって聖なる日が始まりました:
あなたがたは皆、主を礼拝しに来てください。
今日、すばらしい光が地上に降り注いだ。

アレルヤ。

ゴスペル

みことばは肉となり、私たちの間に宿りました。

2022年12月25日のことば
2022 年 12 月 25 日のことば 4

ヨハネによる福音書より
ヨハ 1,1-18
 
初めにみことばがあり、
そして言葉は神と共にあった
そして言葉は神でした。

彼は最初、神と共にいた。
すべては彼を通して行われた
そして彼なしでは、存在するものから何も作られませんでした。

彼には命があった
そして人生は人々の光でした。
光は暗闇の中で輝く
暗闇はそれに勝てませんでした。
神から遣わされた男が来た:
彼の名前はジョンでした。

彼は証人として来ました
光の証人となり、
すべての人が彼を通して信じるために。
彼は光じゃなかった?
しかし、彼は光を証ししなければなりませんでした。
真の光が世に出て、
すべての人を啓発するもの。
世界にあった
そして世界は彼を通して作られました。
それでも世界は彼を認めませんでした。

彼は自分の中に来て、
そして彼自身は彼を歓迎しませんでした。
でもそれを受け入れてくれた人には
神の子となる力を与えた:
彼の名を信じる人々に、
血を与えないでください
肉が欲しくても
人の意志によってでもなく、
しかし、彼らは神から生まれました。

そして言葉は肉となった
そして私たちの間に住んでいました。
そして私たちは彼の栄光を見ました、
独り子としての栄光
父から来る人、
恵みと真実に満ちています。

ヨハネは彼について証言し、次のように宣言します。
「私が言ったのは彼のことだった:
私の後に来る人
私の前にいる、
目の前だったから。

その充実から
私たちは皆受け取った:
恵みに恵み。
律法はモーセを通して与えられたので、
恵みと真実は、イエス・キリストを通してもたらされました。

神よ、誰もこれを見たことがありません:
神である独り子
御父のふところにあり、
それを明らかにしたのは彼です。
 
主の言葉。

リヴォーの聖アールレッド (1110-1167)

イギリスのシトー会修道士

クリスマスのスピーチ2。 PL 195、226-227

世界の救世主は飼い葉桶に横たわる

« Oggi ci è nato un Salvatore, che è Cristo Signore, nella città di Davide » (Lc 2, 11).

Questa città è Betlemme ed è là che dobbiamo accorrere, come fecero i pastori appena udito l’annunzio. (…) « È questo per voi il segno: troverete un bambino, avvolto in fasce, che giace in una mangiatoia (Lc 2, 12). Ora ecco che vi dico che dovete amarlo: temete il Signore degli angeli, ma amatelo tenero bambino; temete il Signore della potenza, ma amatelo avvolto in fasce; temete il Re del cielo, ma amatelo deposto in una mangiatoia. (…) È poi una cosa straordinaria essere avvolto in fasce, giacere in una mangiatoia ? Non si avvolgono in fasce anche gli altri bambini ? Che segno è questo ? (…)

Molte cose ci sarebbero da dire su questo mistero ; ma (…) in breve, Betlemme, « casa del pane » è la santa Chiesa, in cui si dispensa il corpo di Cristo, il vero pane. La mangiatoia di Betlemme è l’altare in chiesa. Qui si nutrono le creature di Cristo. Le fasce sono il velo del sacramento. Qui, sotto le specie del pane e del vino, c’è il vero corpo e sangue di Cristo. In questo sacramento noi crediamo che c’è Cristo vero, ma avvolto in fasce ossia invisibile.

Non abbiamo nessun segno così grande e evidente della natività di Cristo come il corpo che mangiamo e il sangue che beviamo ogni giorno accostandoci all’altare: ogni giorno vediamo immolarsi colui che una sola volta nacque per noi dalla Vergine Maria.

ですから、兄弟たち、主のこの飼い葉桶に急いで行きましょう。 そうすれば、毎日、そして人生を通して、「清い心と正しい良心と誠実な信仰をもって」(2コリント6:6)、 「いと高き所にいる神に栄光あれ、神と共に愛する者には地上に平安あれ」(ルカ2:14)。

聖なる父の言葉

終了したお肉: perché san Giovanni usa questa espressione, “carne”?

何が起こったのか、彼はもっと優雅に言うことはできなかったでしょう? いいえ、言葉を使いますお肉 perché essa indica la nostra condizione umana in tutta la sua debolezza, in tutta la sua fragilità.

Ci dice che Dio si è fatto fragilità per toccare da vicino le nostre fragilità.

Dunque, dal momento che il Signore si è fatto carne, niente della nostra vita gli è estraneo. Non c’è nulla che Egli disdegni, tutto possiamo condividere con Lui, tutto.

Caro fratello, cara sorella, Dio si è fatto carne per dirci, per dirti che ti ama proprio lì, che ci ama proprio lì, nelle nostre fragilità, nelle tue fragilità; proprio lì, dove noi ci vergogniamo di più, dove tu ti vergogni di più.

これは大胆です。神の決定は大胆です。 私たちの恥に入り、私たちの兄弟になり、人生の道を分かち合いましょう。 (アンジェラス、2021 年 1 月 3 日)

今日の福音
Il Vangelo del giorno
2022年12月25日のことば
2022 年 12 月 25 日のことば 2
/
レミジオ・ルベルトのアバター

こんにちは、エウジェニオの父、レミジオ・ルベルトです。 私をエウジェニオに結び付ける愛は、時を超え、空間を超えています。

コメントを残します