2022 年 12 月 22 日の御言葉を読んで聞く

17 から 24 までアドベント休暇: 12 月 22 日

初読

アンナ、サミュエルの誕生に感謝。

サムエルの最初の本から
1 サム 1,24-28
 
当時、アンナは三歳の雄牛、小麦粉一エパ、ぶどう酒一粒を持ったサムエルを連れて行き、シロにある主の神殿にサムエルを紹介した。彼はまだ子供だった。

Immolato il giovenco, presentarono il fanciullo a Eli e lei disse: «Perdona, mio signore. Per la tua vita, mio signore, io sono quella donna che era stata qui presso di te a pregare il Signore. Per questo fanciullo ho pregato e il Signore mi ha concesso la grazia che gli ho richiesto.

私もまた主にそれを求めさせます。彼は生涯にわたって主に求められます。」
彼らはそこで主の前にひれ伏した。

神の剣。

応答詩篇
1 サム 2,1.4-8

R. 私の心は私の救い主である主にあって喜びます。

私の心は主にあって喜び、
私の力は私の神のおかげで上昇します。
私の口は私の敵に対して開き、
あなたの救いを喜ぶからです。 R.
 
強者の弓は折れ、
しかし、弱者は強さをまといました。
サテートはパンのために自分自身を売った、
空腹はそれをやめました。
不妊の人は7回出産した
そして金持ちの子供たちは枯れました。 R.
 
主は殺し、命を与え、
地獄に落ちて、また昇る。
主は貧しくさせ、富ませ、
下げて上げる。 R.
 
ちりの中から弱者をよみがえらせ、
貧しい人々をごみから引き上げ、
彼らを貴族と一緒に座らせる
彼らに栄光の座を与えてください。 R.

ゴスペル・アクラメーション

ハレルヤ、ハレルヤ。

異邦人の王にして教会の礎石よ。
来て、あなたが地球で形作った人を救ってください。

アレルヤ。

ゴスペル

全能者が私のためにしてくださった素晴らしいこと。

Magnificat: 2022 年 12 月 22 日のことば
2022 年 12 月 22 日のことば 4

ルカによる福音書より
ルカ 1:46-55
 
その時、マリアはこう言いました。
«私の魂は主を拡大します
私の霊は私の救い主である神を喜び、
しもべの謙虚さを見ていたからです。
これからは全世代が私を呼ぶ
祝福された。

全能者が私のためにしてくださった素晴らしいこと
その名は聖なるものです。
世代から世代への彼の慈悲
それを恐れている人のために。

彼は自分の腕の力を説明し、
彼は彼らの心の考えの誇りを散らしました。
彼は強大な者を王座から倒し、
彼は卑しい者を持ち上げた。
空腹の人を良いもので満たし、
金持ちを手ぶらで送り出した。

彼はそのしもべイスラエルを助け、
彼の憐れみを思い出し、
彼が私たちの先祖に語ったように、
アブラハムとその子孫のためにとこしえに。」

主の言葉。

聖ベネラブル (ca 673-735)

修道士、教会の医師

ルカの福音書の解説、1、46。 CCL 120.37

「彼はその僕イスラエルを助けた」

Maria dice: “L’anima mia magnifica il Signore e il mio spirito esulta in Dio, mio salvatore”; come dire: “Il Signore mi ha onorato di un favore così grande, inaudito, che non si può spiegare in alcun modo, solo l’amore può forse appena coglierlo nel più profondo del cuore.

Ecco perché metto tutte le forze dell’anima a rendergli grazie nella lode.(…) Il Signore ha fatto in me meraviglie; santo è il suo nome”. (…) Ella sola, quest’anima per cui il Signore si è degnato di fare grandi cose, può magnificarlo come conviene e dire, invitando a condividere le sue espressioni ed intenzioni: “Celebrate con me il Signore, esaltiamo insieme il suo nome” (Sal 34,4).(…) “Ha soccorso Israele, suo servo, ricordandosi della sua misericordia”. E’ bello chiamare Israele il servo del Signore, Israele che il Signore ha soccorso per salvarlo nell’obbedienza e nell’umiltà.

Così parla Osea: “Quando Israele era bambino, io l’ho amato” (3,1; cfr 11,4). Chi rifiuta di umiliarsi non può certamente essere salvato(…), ma “chiunque diventerà piccolo come questo bambino, sarà il più grande nel regno dei cieli” (Mt 18,4). “Come aveva promesso ai nostri padri, ad Abramo e alla sua discendenza, per sempre”.

Non si tratta qui della discendenza carnale di Abramo, ma della discendenza spirituale. Cioè, non si tratta dei discendenti secondo la carne, ma di coloro che camminano sulle tracce della sua fede. (…) La venuta del Salvatore è dunque promessa ad Abramo e alla sua discendenza per sempre, cioè ai figli della promessa di cui San Paolo dice: “Se appartenete a Cristo, allora siete discendenza di Abramo, eredi secondo la promessa” (Gal 3,29).

最後に、主の誕生とヨハネの誕生が母親によって予言的に発表されるのは美しい. (…) 一人の女性の過ちによって破壊された人生は、実際にはこれらの女性によって世界に復元される.賞賛。

聖なる父の言葉

私たちの母は私たちに何をアドバイスしますか? 今日の福音書で彼が最初に言っていることは、「私の魂は主をあがめます」(Lc 1,46).

これらの言葉を聞き慣れている私たちは、おそらくその意味に注意を払っていません。 拡大するということは、文字通り「大きくする」という意味です。ズームイン. Maria “ingrandisce il Signore”: non i problemi, che pure non le mancavano in quel momento, ma il Signore.

一方で、困難に打ちのめされたり、恐れに夢中になったりすることが何回あるでしょうか。 マドンナじゃない生命の最初の大きさとしての神. これは、マニフィカト, da qui nasce la gioia: non dall’assenza dei problemi, che prima o poi arrivano, ma la gioia nasce dalla presenza di Dio che ci aiuta, che è vicino a noi.

神は偉大だからです。 そして何よりも、神は小さな子供たちを見ます。 私たちは彼の愛の弱さです: 神は小さなものを見て愛しています. (アンジェラス、2020 年 8 月 15 日)

今日の福音
Il Vangelo del giorno
2022年12月22日のことば
2022 年 12 月 22 日のことば 2
/
レミジオ・ルベルトのアバター

こんにちは、エウジェニオの父、レミジオ・ルベルトです。 私をエウジェニオに結び付ける愛は、時を超え、空間を超えています。

コメントを残します