2022 年 12 月 11 日の福音書の解説ジャン ポール ヘルナンデス SJ 神父

あなたが来る人ですか、それとも別の人を待つべきですか?

マタイによる福音書より
11,2-11山
 
その時、牢獄にいたヨハネは、キリストの働きを聞いて、弟子たちを遣わして、「あなたが来るべき人なのか、それとも別の人を期待すべきなのか」と言いました。 イエスは彼らに答えました: «行って、あなたが見たり聞いたりしたことをヨハネに伝えてください。 そして、私にスキャンダルの原因を見つけられない人は幸いです!」

Mentre quelli se ne andavano, Gesù si mise a parlare di Giovanni alle folle: «Che cosa siete andati a vedere nel deserto? Una canna sbattuta dal vento? Allora, che cosa siete andati a vedere? Un uomo vestito con abiti di lusso? Ecco, quelli che vestono abiti di lusso stanno nei palazzi dei re! Ebbene, che cosa siete andati a vedere? Un profeta? Sì, io vi dico, anzi, più che un profeta.

彼は次のように書かれている人の一人です。
まことに、私はあなたに言います。 しかし、天国で最も小さい者は彼よりも偉大です。」

主の言葉。


2022年12月11日の福音の解説
2022 年 12 月 11 日の福音へのコメント 2

Padre Jean-Paul Hernandez SJ commenta il Vangelo della III Domenica di Avvento e illustra l’iconografia dell’Annunciazione.

«In quel tempo, Giovanni, che era in carcere, avendo sentito parlare delle opere del Cristo mandò a dirgli: “Sei tu colui che deve venire o dobbiamo aspettare un altro?“».

Giovanni Battista rappresenta quella comprensione a cui potevano arrivare gli illuminati del popolo di Israele che avevano interiorizzato la Sacra Scrittura.

Storicamente Gesù ha tratto ispirazione dalla figura del Battista e dai movimenti che aspettavano la redenzione.

これが私たちの使命です。いまだにイエスが誰であるかを信じていない人々に、歴史が作られつつあることを伝えることです。

ユーチューブの動画

ソース© レテブルー スパ

レミジオ・ルベルトのアバター

こんにちは、エウジェニオの父、レミジオ・ルベルトです。 私をエウジェニオに結び付ける愛は、時を超え、空間を超えています。

コメントを残します