冒険の始まり: 2019 年 9 月 13 日金曜日

私たちはカトリックのキリスト教徒であり、信者であり、実践者でもあります。したがって、「13 日の金曜日」のおかしなことはまったく気にしません。 私たちは、イエスの革新的な力と、すべてを知っていて、すべてを行うことができる父への信仰を信じています。

時刻は 7 時で、すべての生徒とすべての従業員のために容赦なくアラームが鳴ります。

「みんなベッドから起きろ!」 雷、でも柔らかくて笑顔の声で!

Eugenio proprio non vuole ascoltare il mio consiglio, imponente, ma sempre consiglio.

私は彼の簡易ベッドに近づきました. 私はすぐに何かがおかしいことに気づきました. でも昨夜、私の記憶が正しければ、ユージェニオはディスコに行かなかったし、友達と遅刻したり、セックスやドラッグだらけの夜に飛び込んだりもしなかった。 では、この倦怠感、この無関心、この不在、この現実との接触の欠如はどこから来るのでしょうか?

「エウジェニオ、エウジェニオ……」何度も何度も促す。 何も、彼は答えません。 彼は遠くにいる、彼の心は遠くにある。

心配です、怖いです。

衝動的で、私はすぐにジュゼッピーナに警告し、昨日の経験、昨日の丸一日によって強化され、この信じられない、説明のつかない、匿名の問題の解決策をすぐに見つけたいと思っています。

「私たちはどこかから始めなければなりません!」 雷、予言!

メガネを着用してください:目の検査から始めましょう。 「アントニオおじさんに電話して、5分以内に、好むと好まざるとにかかわらず、エウジェニオを訪ねなければならないと伝えてください」

私たちが南部人であること、イタリア人であることは理解しています。

固定電話、次に携帯電話が熱くなり始めます。そこに電話して、そこに電話してください。 私の義理の母アントニエッタのいとこであるアントニオ・フィリッペリおじさんは、非常に愛想がよく、非常に対応しやすく、スタジオで私たちが30分以内にユージニオを訪ねるのを待っています。

完全。 慌てて4人で準備を整え、フランチェスカの登校に付き添い、ロケットのように家に帰り、車に乗り込んでアライフ(CE)へと向かう。

9時30分、私たちはカンポバッソ病院の眼科医、眼科医であるアントニオ・フィリッペリのオフィスにいます。 非常に経験豊富な医師で、細心の注意を払って正確です。

エウジェニオはすでに訪問便に乗っています。 視力の程度を評価するために、目の古典的な検査に進みます。 収益は出荷されたので、これまでのところ問題はありません。 しかし、彼は空中に何かを感じ、危険や問題の刺激的な匂いを感じます。

「ここで待って、動かないで」とアントニオの雷鳴。 私たちは、彼のこの決定に少し戸惑いましたが、ユージニオの健康のために、喜んでそれを受け入れます. 眼科医の機械に興味をそそられ、何千もの小さな光に気を取られ、視覚制御の古典的な文字を備えた新しい LCD モニターに魅了されている人は、全体としては正常に見えます。

“Voglio verificare il fondo oculare!”

ダンノ、ジュゼッピーナ、そして私はお互いに言います。

I minuti scorrono lenti, attendiamo che le gocce facciano effetto e che la pupilla sia ben dilatata. Ecco, è pronta per questo esame. Eugenio tranquillamente si siede allo sgabello, Zio Antonio dall’altro lato dell’apparecchiatura gli da le indicazioni di come deve poggiare la fronte, come deve tenere lo sguardo… ok, esame finito.

Si alza dallo sgabello, ci guarda con uno sguardo sgomento e pietrificato. “Ragazzi, non so dove, non so come, perché non sono pratico delle strutture in zona, ma voi entro mezz’ora dovete fare una risonanza ad Eugenio, se con contrasto ancora meglio! Questa è la prescrizione anche per le lenti, c’è un leggero peggioramento che non è importante. Adesso (tuona) quello che dovete fare subito, è la risonanza”.

Usciamo imbambolati, storditi, anestetizzati, dallo studio. Non abbiamo ancora compreso cosa ci ha appena detto, tanto è vero che con la prescrizione delle lenti in mano entriamo di fronte, nel negozio di ottica del caro amico Ennio Corniello.

Ubriachi della notizia, frastornati, forse perché avevamo intuito che qualcosa di grave aleggiava sulle nostre teste, insistiamo con la pretesa delle lenti nuove per Eugenio.

眼鏡店の店員であり、私たちの最愛の友人であるジュジー・ロトンドは、愛情を込めて私たちを見つめています。

彼は次のように主張しています。 視覚よりもはるかに深刻な何かがあるため、緊急に共鳴を心配する必要があります。」

エンニオ・コルニエッロも、ジュジーの前述の言葉を承認する、もう一人の非常に親愛なる友人に介入します。 「みんな、急いで、できるだけ早く、MRIをすぐに提供する研究所、診療所、構造を探してください!」

突然、ジュゼッピーナと私は目を覚まし、ほとんど冷たいシャワーのように、私たちが無視し、私たちの脳と心の最も遠い隅に置き去りにしたいと思っていた意識です。 私たちは大きな問題を抱えていることに気づきます。 彼らは私たちにそれを何度か繰り返しましたが、すべての悪いニュースで行われるように、私たちの脳はそれを破棄することにしました.

私たちは感覚を取り戻し、脳は定期的に機能し始めます。すでに彼をむさぼり食っていた病気の具体的な兆候を示さなかったエウジェニオの目を見て、エンニオ、ジュジーの目を見てください。 私たちは頭を下げてお互いに挨拶します。 彼らは理解しています、彼らは理解しています。

私たちは家に帰ります。 Eugenio はまだ唖然としています。彼は、この騒動、落ち着きのない動きの理由をよく理解していません。

電話でのジュゼッピーナは、交換手よりも悪いです。彼女の指はキーボードの上を飛び、カゼルタ州とカンパニア州のすべての研究所、診療所、診断、病院の電話番号をダイヤルします。 彼らが11月までにできない最速の共鳴。 11月??? しかし、私たちは 9 月 13 日にそれを必要としています。

私たちはピエディモンテ マテーゼ (CE) のアテナ クリニックに連絡し、最愛のカロライナは完全に対応できるようにします。

ビスケットの箱を手に入れる時間です.MRI中に必ずある待ち時間に耐えることができるようにするために、もう一度車に乗り込み、13時に到着しました. アテナクリニック

MRI部門で私たちはある人に会い、 ヴィンセント・ロッシ彼は後に私たちの親友の 1 人になり、優れたプロフェッショナリズム、計り知れない感受性、繊細さを備えています。 MRI が行われ、問題の重大性がすぐに理解されると、彼はすぐに、同じ産業グループの一部であるポッツィーリ (IS) のニューロメッド クリニックと連絡を取りました。

数分後、私たちは匿名の席に座って心配そうに待っていました。 放射線技師のロッシは私たちをニューロメッドと直接電話でやり取りさせ、ジュゼッピーナと話すと、グリレア医師は冷静にそして大胆に彼女に話します。お嬢様、車に乗ってここに来てください、すぐに!「」

ドラマ、不安、アドレナリン、怒り、心配、私たちの最悪の恐怖に火をつけるのは「すぐに」です。 これはすでに進行中です。

再び車に戻ると、午後 2 時の暑さで目がくらみ、無限の反響のように頭の中でこだますります。

14.30 に、私たちはすでに Pozzilli (IS) の診療所にいます 神経内科: mai vista prima, mai saputo neanche che esistesse un paese di nome Pozzilli, che fosse mai stata costruita una struttura bella e all’avanguardia come questa. Gli unici ospedali che abbiamo conosciuto sono la Clinica Athena dov’è nato Eugenio e la Clinica Villa Fiorita di Capua (CE) dov’è nata Francesca.

モダンで広々とした、整然としたロビーは、威厳をもって私たちを迎えてくれます。 書類の提示を進め、数分後、医師が私たちを待っている-1に降ります ジョン・グリリー、放射線科医、博士 クリスティーン・マンカレラ.

彼らは私をわきに呼び、鋭く言います:」彼女の息子は 2 つの脳損傷を負っています。 少なくとも頭蓋内圧を制御するには、今すぐ介入する必要があります。 私たちが介入しなければ、 水頭症.「」

私は周りを見回して自問します:「でも、この二人が話しているのは私ですか?」

昨日の午後のバスケットボールのトレーニング、エウジェニオはチャンピオンであり、エウジェニオは自然の力であり、私の息子の活気に満ちた、気楽で華麗な悪党です。 でもいいえ、彼らが話したのは私ではありません、多分彼らは間違った人を手に入れました。」

目を丸くして、私は彼らに尋ねます。怪我? 脳? 水頭症? しかし、私たちは何について話しているのですか? ユージェニオは私が気付いていないトラウマを負ったのかもしれない?」

Capiscono al volo la mia incredulità, la mia perplessità, il mio dolore.

「」あなたの息子さんの脳には 2 つの腫瘍があります。 脳室に位置するミカンほどの大きさの 1 つは、私たちにとって最も心配であり、すぐにブロックする必要があります。 もう1つは小脳の近くにありますが、それについては後で説明します「」

モハメド・アリ 彼は有名なパンチの1つを顔に当てていました。

唖然として、私は医師たちにうなずき、彼らが入院を続行する意思があることを確認しました。 官僚的な部分が終わったら、3階のA棟に行き、 NCHⅢ、主治医セルジオ・パオリーニ教授。

私たちは寝室を手に入れます。

大勢の看護師、医師、プリミスの主任看護師が私たちを訪ねてきて、分析とサンプリングのプロセスを説明します

ニューロメッド ブレスレット
ニューロメッド ブレスレット
入院初日のエウジェニオ: 2019 年 9 月 13 日金曜日
最後にリラックス!

彼らはすぐに夜の快適なリクライニングチェアを提供してくれます。

この最初の夜、ジュゼッピーナはエウジェニオの近くに滞在し、私は家に帰ります。

ユジェニオの入院期間中、私が家に帰るのはこの日だけです。

こうして私たちの新しい旅の初日は終わります。

Ultimo aggiornamento: 12 Settembre 2022 10:33 by レミギウス・ロバート

レミジオ・ルベルトのアバター

こんにちは、エウジェニオの父、レミジオ・ルベルトです。 私をエウジェニオに結び付ける愛は、時を超え、空間を超えています。
3件のコメント
  1. ヴィンセントのアバター
    Vincenzo

    Rivivere quella giornata dalla vostra parte, rappresenta per me un susseguirsi di emozioni che mi lasciano senza respiro. Appena ho visto Eugenio ho avuto già paura di qualcosa di grave, troppo assente ma pensavo a una crisi epilettica che a quell’età ci può stare. Poi le prime immagini mi hanno dato un colpo al cuore e pensavo ora che faccio? non sapevo cosa fare, cosa dirvi. Poi per un attimo mi sono fermato e ho detto “è giovane devo fare il possibile “. Avevo paura di farvi percepire che c’era qualcosa di grave forse ci sono riuscito forse no. Non sono bravo a nascondere le mie emozioni. Ho fatto solo il mio lavoro non mi dovete ringraziare. Vi abbraccio un saluto caloroso a Eugenio.

コメントを残します