読書時間: 5 分

起きていたい小猿の本を読んで聞く

そこ 寓話 これの 絶対に寝たくないすべての子供たちに捧げます! そして、私たち親が抵抗するのはなんと難しいことでしょう。

ええ、私たちは何回疲れましたか?

考えられる解決策は、Switty の両親によって提案されています。

百聞は一見に如かず!

私と一緒に読んでください

Switty era una scimmietta che faceva sempre i capricci prima di andare a dormire. Quando arrivava sera, la mamma le diceva : “Switty, guarda il cielo fuori! E’ tutto buio, il sole è andato a dormire da un pezzo! Dobbiamo andare a dormire anche noi”.
スウィッティは抗議した。 「寝たくない! 私はいつも起きていたいのです。」
Switty faceva i capricci tutte le sere e il suo papà, la sua mamma, i nonni tutti la chiamavano “la scimmietta che voleva stare sempre sveglia”.
毎晩、Switty は眠りにつくのが遅くなりました。

La mamma stava per perdere la pazienza con la sua cucciola e le diceva: “Se vai a letto così tardi, al mattino sarà difficile alzarsi”.
La scimmietta che voleva stare sempre sveglia, però, non credeva alla mamma.
Una sera, Switty decise: voleva stare sveglia tutta la notte, perché aveva troppa voglia di saltare, correre per la casa e inventare giochi nuovi.

La mamma le disse:

「よし、スウィッティー、今夜は好きなようにしよう。 眠くないから寝ないで!」
いつも起きていたいと思っていた小猿は大喜びでした。

Prima saltò sul letto della sua camera, dopo andò sul lettone della mamma a fare le capriole, poi le venne in mente di correre un po’ tra la cucina, il corridoio e il bagno e fece una gara con il suo papà.

その後、クローゼットからすべてのおもちゃを取り出して、床に散らかしてしまいました。 彼はぬいぐるみとも喧嘩しました。
Mamma e papà avevano deciso di aspettare che Switty si stancasse da sola e non dissero nulla.
いつも起きていたいと思っていた子猿は遊んでまた遊んだ.

 Quando le si chiusero gli occhi era sdraiata sul pavimento, tra peluche e costruzioni. Mamma e papà la misero sul letto e andarono a dormire.
翌朝、太陽はすでに高く昇り、お父さんは仕事に行くために起き、スイッティは寝ていました。
Switty は一日中寝ていました。多くの友達が、いつも起きていたいと思っていた小さなサルのドアに電話をかけました。 最初に登場したのは、いつもニンジンを食べていたウサギのロードです。

「ノックノック、スイッティーと遊びに来てもいいですか?」
“Ciao Lod”, disse la mamma. Switty dorme ancora. “

しばらくすると猫のモットが到着。

「ノックノック、スウィッティーと遊びに来てもいい?
“Ciao Mot”, disse la mamma. Switty dorme ancora.

朝の時間が過ぎ、いつも起きていたいと思っていた小猿はまだ寝ていました。
小さな犬のコニーも到着しました。

「ノックノック、スイッティーと遊びに来てもいいですか?」
“Ciao Conny”, disse la mamma. Switty dorme ancora.”

チーズが大好きなねずみのタップも通り過ぎましたが、夕方になると、スウィッティの友達はみんな母親の家に帰り、お風呂に入り、夕食に行き、最後に寝なければなりませんでした。
その日の夕食の時間に、スリーピーヘッドのスイッティーは目を覚ました。
「友達はどこ?」とスウィッティは言いました。
“Sono tutti a casa”, rispose la mamma.

「空を見て、Switty: もうすぐ日没の時間です。太陽はもうすぐ眠りにつき、もうすぐ夕食の時間です。 起きるのが遅すぎた。」
"いいえ! 遅くはありません、私はいつも起きていたいと思っていた小猿の Switty です!」.

子犬に抗議した。
“Switty”, spiegò la mamma, “mentre tu dormivi, i tuoi amici erano tutti svegli e volevano giocare con te. Ora tu sei sveglia e hai voglia di giocare, ma è sera, i tuoi amici sono andati a casa e tra un poco andranno a letto”.
“No!” protestò ancora Switty, che non voleva credere alla mamma.

しかし今、彼女は孤独を感じ、理解できませんでした:なぜ太陽は眠ろうとしていたのですか? なぜまた夕方だったのですか?
夕食後、 いつも起きていたいと思っていた小猿は、遊びたくありませんでした。

Era stata tutto il tempo da sola e si sentiva un po’ triste.

彼女は退屈していましたが、眠くはありませんでした。いつも起きていたい小さなサルであることは本当に厄介でした!
数日が経ち、Switty はますます悲しくなりました。 彼女の友達は遊びに来ませんでした。
“Mamma, mi aiuti ad addormentarmi?”, chiese la scimmietta.
Così la mamma iniziò a leggerle un libro, a cantarle una ninna nanna e piano piano la scimmietta che voleva stare sempre sveglia cambiò.

お父さんはルールを決めていた:ぬいぐるみの戦いの後、私たちはすぐに寝た。
夕食後、父親は「ぬいぐるみの戦いの時間だ!」と言いました。 Switty はとても楽しそうでした。
Dopo, il papà e Switty mettevano a posto i peluche, la mamma veniva a leggere una storia e Switty si addormentava.
Switty が早く眠りにつくことを学んだとき、彼女の友達が彼女に会いに戻ってきて、彼女は再び幸せになりました.
彼女は、世界のすべての国で、他の多くの人と同じように、夜は寝て、日中はたくさん遊ぶ小さなサルになりました。

話を聞く

mamma legge la fiaba
おとぎ話
起きていたかった子猿
Loading
/

助けてください!

La scimmietta che voleva stare sveglia 7
あなたの少額の寄付で若いがん患者に笑顔を届けます

最新記事

pane, acqua e crocifisso
15 Aprile 2024
Preghierina del 15 aprile 2024
sunflowers, sunflower field, woman, donna fra i girasole
15 Aprile 2024
Il piccolo girasole coraggioso
bimbo arrabbiato
15 Aprile 2024
Diventare pronto e lento
Gesù sul mare di Tiberiade
15 Aprile 2024
La Parola del 15 aprile 2024
credere in Dio
2024 年 4 月 14 日
2024年4月14日の祈り

今後のイベント

××