読書時間: 6 分

キリスト教徒の助けを求めた聖母の物語を読む

ドン・ボスコは次のように書いています。“il titolo di Auxilium Christianorum attribuito all’Augusta Madre del Salvatore non è cosa nuova nella Chiesa di Gesù Cristo. Maria fu salutata aiuto dei Cristiani fin dai primi tempi del Cristianesimo”.

この称号は、聖ピオ 5 世 (1566-1572) の教皇のもと、1572 年 10 月 7 日、10 月の第 1 日曜日にクルツォラーリ諸島近くのレパントの海域で起こったトルコ人に対するキリスト教徒の勝利の後、特に容易に広まりました。の叫び声メアリー万歳!”。 聖なる教皇は、ロレタの連祷に美しい祈りを加えたいと考えました。Auxilium Christianorum、現在はプロノビスクリスチャンの助け、私たちのために祈ってください)。

献身

への献身アウクシリウム クリスティアンラム1683年7月12日、ポーランド国王ヨハネ3世ソビエスキがウィーンでトルコ人に対する2度目の大勝利を収めた後、この勝利はさらに強化され、ソビエスキーは福者無罪11世(1676年~1689年)に次のような言葉でそれを発表した。「さあ、見てください、マリア・ヴィシット」来た、見た、マリアが勝った)。 を記念する最初の協会が当時ドイツのミュンヘンで誕生しました。キリスト教徒の助けとなるマリアウィーン解放を記念して。

ナポレオン

ナポレオンは、ライプツィヒの敗北(1813年10月19日)後、1814年3月10日にピウス7世(1800年~1823年)を解放したが、同盟国と敵対勢力に抵抗できることを期待して旅をゆっくりとするよう密命を与えた。したがって、依然として教皇を阻止しましたが、パリは1814年3月30日に降伏し、翌日には敵の統治者が侵入しました。 ピウス7世は、盛大な祝賀行事、民衆の熱狂と計り知れない歓喜のさなか、1814年5月24日にローマに戻り教皇の座に戻り、翌年、聖母の目に見える援助に感謝して、のパーティーキリスト教徒の助けとなるマリアローマと他の教皇領にとって。

今の献身はヘルパーそれは世界中に広がり、多くの国でその祭りが祝われます。

ドン・ボスコのマリアへの信仰において、タイトルは「アウクシリウム・クリスティアンラム」、それは、彼が聖母を呼び起こした以前の称号、特に彼の摂理の働きの始まりを示した無原罪の称号と、何の置き換えも弱体化もすることなく重複しています。 私たちの最初の記憶は、福者ピウス 9 世 (1846 ~ 1878 年) がローマから逃亡した年である 1849 年の小さなカードにあります。 ローマ 彼は『ガエータ』の中で次のように祈願を書いた。「おお無原罪の聖母よ、すべての異端に勝利をもたらしたあなた、今すぐ私たちの助けに来てください。私たちは心からあなたに頼ります。 Auxilium Christianorum はプロノビスになりました」.

1862年までのドン・ボスコの行動ヘルパーそれは一定かつ一般的なものではありませんでした。彼は 1862 年 5 月 24 日に、次のように発表しました。「」おやすみ「」、伝記回想録に記載されているように。 12月のある土曜日、おそらく1862年の6日、ドン・ボスコは将来の総長となる聖職者アルベラにこう言いました。“la nostra chiesa è troppo piccola …. ne fabbricheremo un’altra più bella, più grande, che sia magnifica, le daremo il titolo Chiesa di Maria Ausiliatrice”.

1862年12月8日、ドン・ボスコは後に枢機卿となる聖職者カリエロに対し、「キリスト教徒の助けのマリア」というタイトルで聖母への献身理由を次のように宣言した。「これまで、私たちは無原罪の御宿りの祝日を厳粛かつ華やかに祝ってきました…しかし、聖母は私たちがキリスト教徒の助けのマリアの称号の下で彼女を讃えることを望んでいます。時代はとても悲しいので、私たちは聖母を必要としています。」 私たちがキリスト教の信仰を保つよう助けてください。」

タイトルのせいで「キリスト教徒の助けとなるマリア” dato da Don Bosco al Tempio, le autorità municipali di Torino fecero difficoltà per l’approvazione del progetto della costruzione. Ma la chiesa ebbe il titolo di Maria SS. Ausiliatrice. Don Bosco non rinunziava a quel titolo, perché era quello voluto dalla マドンナ.

1868 年 6 月 9 日、神殿は次のように奉献されました。キリスト教徒の助けとなるマリアトリノで。 ドン・ボスコとヘルパー今や切っても切れない2つの名前です。 L'ヘルパー si è servita di Don Bosco per operare numerosissimi e strepitosi miracoli, per concedere al mondo infinite grazie.

「ドン・ボスコの生涯」はそれらに満ちており、あらゆる種類の人々に対するマリアの善良さの感動的なエピソードを語る本がたくさんあります。「」洗礼式 サレジオ会」、それは毎月、人々から与えられた恩恵、恩恵を報告します。ヘルパー、特に神殿で贈り物を分配します。彼女はトリノでそれを望んでおり、それについて彼女は幻視の中でドン・ボスコに話しました。「ヒック・ドムス・メア、ヒンク・グロリア・メア – ここが私の家、ゆえに私の栄光」.

ドン・ボスコ

ドン・ボスコは、信仰を広めることに満足していませんでした。ヘルパー言葉、報道、そして驚異によって。 彼はから得た お父さん レオ13世は、「キリスト教徒の助けとなるマリアの祝福」、彼がしばらくの間効果的に伝えてきたこの法則は、1878 年 5 月 18 日の神聖儀式省の布告によって承認されました。"祝福"ローマの儀式に組み込まれていました。

最終的には ドン・ボスコ、受けた特別な恩恵に対する永遠の感謝の記念碑として、彼は「キリスト教徒を助けるマリアの娘たちの会衆」. “Il ricorso a Maria Ausiliatrice – scriveva nel 1887 – va aumentando ogni dì tra il popolo fedele e porge motivo a pronunciare che tempo verrà, in cui ogni buon cristiano, insieme con la devozione al SS. Sacramento e al Sacro Cuore di Gesù, si farà un vanto di professare una devozione tenerissima a Maria Ausiliatrice”.

大陸

Interi Continenti e Nazioni hanno Maria Ausiliatrice come celeste Patrona: l’Australia cattolica dal 1844, la Cina dal 1924, l’Argentina dal 1949, la Polonia fin dai primi decenni del 1800; diffusissima e antica è la devozione nei Paesi dell’Est Europeo.

トリノ大聖堂

Nella bella basilica torinese a Lei intitolata, vi è il bellissimo e maestoso quadro, fatto eseguire dallo stesso fondatore, che rappresenta la Madonna Ausiliatrice che con lo scettro del comando e con il Bambino in braccio, è circondata dagli Apostoli ed Evangelisti ed è sospesa su una nuvola; sullo sfondo a terra, il Santuario e l’Oratorio come appariva nel 1868, anno dell’esecuzione dell’opera del pittore Tommaso Lorenzone.

Madonna Ausiliatrice
Madonna Ausiliatrice 4

キリスト教徒の助けとなるマリアへの祈り

(composta da S. Giovanni Bosco

O Maria, Vergine Potente:

Tu, grande e illustre difesa della Chiesa.

Tu, aiuto mirabile dei cristiani.

Tu, terribile come esercito schierato a battaglia,

Tu che hai distrutto da sola tutte le eresie del mondo,

Tu nelle angustie, nelle lotte, nelle necessità difendici dal nemico

e nell’ora della morte accoglici nel Paradiso.

Amen.

fonte vangelodelgiorno.org


助けてください!

Madonna Ausiliatrice 2
あなたの少額の寄付で若いがん患者に笑顔を届けます

最新記事

Gesù e discepoli
14 Aprile 2024
La Parola del 14 aprile 2024
Eugenio e Francesca con la bicicletta nel 2015
13 Aprile 2024
Preghierina del 13 aprile 2024
Eugenio e Remigio mano nella mano, salita al Gianicolo
13 Aprile 2024
Dammi la mano ragazzo mio
mani sul cuore
13 Aprile 2024
Messo da parte per la sua gloria
Gesù cammina sulle acque
13 Aprile 2024
La Parola del 13 aprile 2024

今後のイベント

××