典礼の饗宴: 無原罪懐胎 聖母マリア

マリアの誕生の9か月前(9月8日)、教会は聖母マリアの無原罪懐胎の厳粛さを祝います。 1476 年に教皇シクストゥス 4 世によって承認された饗宴は、1708 年にクレメンス 11 世によって教会全体のために制定されました。

教会の教父と医師、公会議、そして彼の前任者たちの世俗的な教義を集めて、ピウス 9 世は 1854 年に無原罪懐胎の教義を厳粛に宣言しました。聖母マリアは、全能の神の特別な恵みと特権によって、人類の救世主であるイエス・キリストの功績を期待して、受胎の最初の瞬間から原罪のいかなる汚れも免れて保存されました。」イネファビリス・デウス、1854)。

その時、天使ガブリエルは神によってナザレと呼ばれるガリラヤの都市に、ダビデの家のヨセフという男に婚約した処女に送られました。 処女の名前はマリアでした。 彼女に入ると、彼は言った: "Rallégrati, piena di grazia: il Signore è con te」。

A queste parole ella fu molto turbata e si domandava che senso avesse un saluto come questo. L’angelo le disse: “Non temere, Maria, perché hai trovato grazia presso Dio. Ed ecco, concepirai un figlio, lo darai alla luce e lo chiamerai Gesù. Sarà grande e verrà chiamato Figlio dell’Altissimo; il Signore Dio gli darà il trono di Davide suo padre e regnerà per sempre sulla casa di Giacobbe e il suo regno non avrà fine”.

マリアは天使に「私は誰も知らないのに、どうしてこうなったのですか」と言いました。 天使は彼女に答えました。

Perciò colui che nascerà sarà santo e sarà chiamato Figlio di Dio. Ed ecco, Elisabetta, tua parente, nella sua vecchiaia ha concepito anch’essa un figlio e questo è il sesto mese per lei, che era detta sterile: nulla è impossibile a Dio”. Allora Maria disse: “Ecco la serva del Signore: avvenga per me secondo la tua parola”. E l’angelo si allontanò da lei (Lc 1,26-38).

愛の夢

福音書のテキストは、典礼が第二の朗読として提供するエペソ人への手紙 (1,3ff) から作成されています。 人類のための神の「計画」を祝う、賛美、栄光、祝福の賛美歌:"Benedetto Dio, Padre del Signore nostro Gesù Cristo, che ci ha benedetti con ogni benedizione…In Gesù ci ha scelti…per essere santi, immacolati…predestinandoci ad essere figli」。 夢、そのモデルをマリアに見いだすプロジェクト:聖なる、汚れのないもの。

壊れた夢

この夢、つまりアダムとイブの罪を打ち砕くために、典礼は最初の朗読として私たちに提示します。 神の夢には、男性と女性がノーと言う自由が常にあります。

マリア、夢の復活

マリアの「はい」で、神は最初の夢を取り戻し、独り子イエスが女性の胎内で男性になるための「土台」を整えます。 一瞬の躊躇と戸惑いの後に来る「はい」ですが、最終的には屈服します。 恵みに満ち、すべてが美しく、すべてが清く、すべてが聖なるマリア、神の美が彼女の中に輝き、彼女は神の愛の傑作となります。

彼女のように、みんな

しかし、「私たちはみな運命づけられており」、すべてがあらゆる祝福に満たされ、すべてが聖く染みのないものとして選ばれています。 したがって、聖母マリアは、優しさと驚きをもって「賞賛」されるだけでなく、今日の男性と女性が模範に従い続けている多くの「はい」のおかげで、神の美しさが地上で輝くことができるように「模倣」されることを求めています。無原罪のマリアの執り成しを通して、宣言します。

祈り

聖なる無原罪の聖母、
私たちの人々の名誉であるあなたに
そして私たちの街の思いやりのある守護者、
私たちは自信と愛をもってお互いに向き合います。
あなたはすべての美しさです、おおメアリー!
罪はあなたの中にありません。

神聖さへの新たな欲求を私たち全員に呼び起こします。
私たちの言葉で、真実の素晴らしさを輝かせましょう。
私たちの作品に慈愛の歌を響かせましょう。
私たちの体と心には純潔と純潔が宿り、
福音のすべての美しさが私たちの生活にありますように。
あなたはすべての美しさです、おおメアリー!

神の言葉はあなたの中で肉となりました。
Aiutaci a rimanere in ascolto attento della voce del Signore:
貧しい人々の叫びは決して私たちを無関心にさせません。
病人や助けを必要としている人たちの苦しみに気を取られることはありません。
お年寄りの寂しさと子供の儚さが心を動かし、
すべての人間の命が、私たち全員によって常に愛され、尊敬されますように。
あなたはすべての美しさです、おおメアリー!

あなたの中には、神との祝福された人生の完全な喜びがあります.
私たちの地上の旅の意味を失わないようにしましょう。
穏やかな信仰の光が私たちの日々を照らしますように。
慰めとなる希望の力が私たちの歩みを導いてくれますように。
伝染する愛の暖かさが私たちの心を活気づけますように、
真の喜びのある神に、私たち全員の目を向けたままにしましょう。
あなたはすべての美しさです、おおメアリー!

私たちの祈りを聞いてください、
私たちの嘆願を聞いてください:
イエスにある神の憐れみ深い愛の美しさが私たちの中にありますように。
この神聖な美しさが私たちを救いますように、
私たちの街、
全世界。
アーメン。

(Papa Francesco) 

ソース© コミュニケーションのディカステリー

無原罪懐胎は、1854 年 12 月 8 日に、祝福されたピウス 9 世 (ジョヴァンニ マリア マスタタイ フェレッティ、1846-1878) によって宣言されたカトリック教義です。イネファビリス・デウス」は、聖母マリアが受胎の最初の瞬間からどのようにして原罪から解放されたかを立証しています。

「」(…)私たちは、最も祝福された聖母マリアが全能の神の特別な恵みと特権によって、人類の救い主であるイエス・キリストの功績を期待して、彼女の受胎の最初の瞬間からのすべての原罪のしみ、したがって、これはすべての信者にとって一定の不変の信仰の対象でなければなりません。「」

しかし、汚れなきマリアへの献身の歴史は、はるかに古いものです。 それは何世紀にもわたって、実際には何千年にもわたって教義の宣言に先行しており、いつものように新しいものを導入したのではなく、単に非常に長い伝統を冠した.

東方教会の教父たちはすでに、神の母を高く評価することで、母を原罪の上に置く表現を持っていました。 彼らは彼女を呼んだ:「」責められる、責められる(「罪悪感のない」という意味で)無垢の美しさ、天使よりも純粋、最も純粋なユリ、太陽よりも素晴らしい雲、汚れのない」.

しかし、西洋では、最も崇高な生き物であり続けたマドンナへの嫌悪感からではなく、イエスの犠牲のおかげでのみもたらされた贖いの教義を堅固に保つために、無原罪の理論に強い抵抗が見られました。

マリアが汚れのない状態であった場合、つまり、イブのすべての子供たちに共通する原罪の法則の外で神によって妊娠された場合、彼女は贖いを必要とせず、したがって、これはもはや普遍的であるとは言えません。 この場合、例外はルールを確認しませんでしたが、それを破棄しました。

フランシスコ会のジョン・ダンズは、スコトゥスがスコットランド出身であることからスコトゥスと呼び、「ドクタースリム」、微妙だが説得力のある区別でこの教義上の障害を克服することができました。 聖母でさえイエスによって贖われましたが、予防的な贖いによって、時間の前に、そして時間外になりました。 彼女は神の息子のメリットを見越して原罪から守られました。 これは便利で、可能だったので、実行しました。

ジョヴァンニ・ダンス・スコトゥスは、14 世紀初頭に亡くなりました。 彼の後、無原罪懐胎の教義は大きな進歩を遂げ、彼女の献身はますます広まりました。

1476年から、マリアの無原罪懐胎の饗宴がローマ暦に導入されました。

1830年、聖母は聖カトリーヌ・ラブレに現れ、後に「」と呼ばれるメダルを鋳造するよう求めました。奇跡のメダル」 文章に囲まれた無原罪懐胎のイメージ「」罪を犯さずに宿ったマリアよ、あなたに救いを求める私たちのために祈ってください」

このメダルは熱心な献身を呼び起こしました。 多くの司教がローマにその教義の定義を求めましたが、それは今やほとんどすべてのキリスト教徒の心の中にありました。

このように、1854 年 12 月 8 日、祝福されたピオ 9 世は、聖母マリアが原罪から解放され、すべて純粋であり、それが無原罪であると宣言しました。それは、マドンナの信者の間で喜びを引き起こしましたが、マドンナの敵の間で憤慨を引き起こしたのは、偉大な信仰と極端な勇気の行為でした。無原罪懐胎の教義としてのキリスト教は、自然主義者と唯物論者を直接否定するものでした。

4年後、ルルドの出現は、聖母が宣言したドグマの驚くべき確証のように見えました。「すべてが美しい」「恵みに満ちている」そして、原罪のすべての汚れから解放されます。 無原罪懐胎の心から人類に降り注いだ豊富な恩寵に対する感謝のように思える確認。

Tota pulchra es, Maria.

マリア、あなたはみんな美しい
そして原罪
それはあなたの中にありません。
あなたはエルサレムの栄光、
イスラエルの喜びよ、
あなたは私たちの人々の名誉です、
あなたは罪人を擁護します。

メアリーよ! メアリーよ!
思慮深いおとめよ、
最も穏やかな母親、
私たちのために祈り、
私たちのために執り成しをする
presso il Signore Gesù Cristo.

ソース gopeloftheday.org

聖母マリアの無原罪懐胎 - ティエポロ
無原罪懐胎 - ティエポロ
レミジオ・ルベルトのアバター

こんにちは、エウジェニオの父、レミジオ・ルベルトです。 私をエウジェニオに結び付ける愛は、時を超え、空間を超えています。

コメントを残します