幼子イエスの聖テレサの物語を読む

魂を救う

Thérèse Françoise Marie Martin nasce Alençon il 2 gennaio 1873 da una coppia di commercianti in oreficeria, molto credenti, “degni più del cielo che della terra”, come li definiva Teresina. E’ l’ultima di otto figli, tre dei quali morti bambini.

Orfana di madre all’età di quattro anni, rivive il dramma dell’abbandono per il progressivo ingresso in Carmelo delle quattro sorelle, ricevendo in compenso l’affetto particolare del padre, che la chiama “piccola Regina di Francia e di Navarra” e anche “l’orfanella della Beresina”.

次に、テレサ自身が懇願するためにローマに行った教皇レオ13世からの特別な許可のおかげで、彼はわずか15歳でリジューのカルメルに入りました。神が望むなら、あなたはそこに入るでしょう教皇の答えでした。

少女の願いは「魂を救いたい」、そして何よりも「神官に助けを求めること」だった。 幼きイエズスと聖顔のシスター・テレサは、誓いを立てた時にとられる名前です。

上司の提案で、彼女はすぐに日記をつけ始め、自分の内面の段階を書き留めました。 彼は 1895 年に次のように書いています。

小さな通り

19 世紀後半のフランスでは、偉大な発明の増殖によって促進され、反聖職者や無神論的な衝動に支えられて、実証主義思想が広まりました。

このような理由から、「小さな道の神学」または精神的な子供時代の神学とも呼ばれる非常に独創的な精神性に関するテレサの精緻化は特に重要であり、それは神への愛の実践を大きな行動ではなく、一見取るに足らない日常の行動の中で確立しています。

テレサは自伝の中で、「やるべきことはただ一つ、小さな犠牲の花をイエスに投げることだ」と書いています。 その他:「私が成功した小さな方法を教えたい」

原案では、この日記には「白い花の春物語」という副題が付いています。 しかし、見かけ上のロマンチシズムの下には、神の人間への愛への強い反応によって特徴付けられる神聖さへの困難な道が実際にあります。

カルメル会の姉妹たちには理解されず、テレサは「バラよりも多くのとげ」を受け取ったと宣言しますが、彼女は病気に由来する痛みと疲労だけでなく、不正と迫害を辛抱強く受け入れ、「教会の必要のために」すべてを提供します。正しい人も罪人も、すべての人にバラを投げてください。」

ヨハネ パウロ 2 世とベネディクト 16 世にとって、彼女のスピリチュアリティの特異性は、神の愛の侵入に対する完全な開放性であり、精神の「夜」においてさえこの愛に応答する能力です。無神論者、絶望的な人々、そしてこの理由から、宣教師の愛顧を宣言しました。

「魂の物語」の死と変遷

9年間の修道生活の後、テレサは1897年9月30日にわずか24歳で結核で亡くなりました。すでに1923年に、彼女は教皇ピウス11世によって列福され、教皇は彼女を「教皇の星」とみなし、1925年に列聖されました。

Negli anni cinquanta del secolo scorso l’abbé André Combes, teologo all’Institut Catholique, alla Sorbona di Parigi e alla Lateranense, scoprì le manipolazioni che erano state compiute in buona fede sul Diario di Teresa, dalle stesse sorelle, inclini a considerarla la piccola di casa; la dottrina spirituale e teologale dell’”infanzia spirituale” non si limita però a uno sfondo psicologistico e sentimentale fatto solo di attenzione alle piccole cose.

彼のスピリチュアリティの核心はむしろ、人はたとえ小さかったとしても恩寵によって神格化されるという認識にあります。 この中でテレサはフォイエルバッハなどの「疑惑の達人」に応え、マルクス、フロイト、ニーチェ。神の愛の侵略によって自分自身を神格化することを許す人造物は、決して「疎外された」ものではありません。 このように、キリスト論と人類学は密接に関係している:テレサは、ほぼ一世紀までに第二バチカン公会議、パウロ六世のいくつかのテキスト、特にキリスト教のいくつかの箇所を予想している.ベリテートのカリタスベネディクト16世の。

ソース© コミュニケーションのディカステリー

幼子イエスの聖テレジア
リジューの聖テレーズ

関連テキスト:

1925 年 5 月 17 日、リジューの聖テレジアを称える教皇ピオ 11 世のミサ

https://w2.vatican.va/content/pius-xi/it/homlies/documents/hf_p-xi_hom_19250517_benedictus-deus.html

リジューのサンタ テレサ大聖堂の奉献のための教皇ピウス 12 世のラジオ メッセージ

http://w2.vatican.va/content/pius-xii/fr/speeches/1954/documents/hf_p-xii_spe_19540711_lisieux.html

1997 年 10 月 19 日、教皇ヨハネ・パウロ 2 世の教皇礼拝堂、リジューの聖テレジアの布教

http://w2.vatican.va/content/john-paul-ii/it/homlies/1997/documents/hf_jp-ii_hom_19101997.html

2011 年 4 月 6 日ベネディクト 16 世法王の一般謁見

http://w2.vatican.va/content/benedict-xvi/it/audiences/2011/documents/hf_ben-xvi_aud_20110406.html

ベネディクト 16 世の回勅「真実のカリタス」

http://w2.vatican.va/content/benedict-xvi/it/encyclicals/documents/hf_ben-xvi_enc_20090629_caritas-in-vericate.html

Messa Santa Marta Papa Francesco 1 ottobre 2013

http://w2.vatican.va/content/francesco/it/cotidie/2013/documents/papa-francesco-cotidie_20131001_strength-of-the-gospel.html

ウェブサイト「The Holy See」より

http://www.vatican.va/news_services/liturgy/documents/ns_lit_doc_19101997_stherese_fr.html

レミジオ・ルベルトのアバター

こんにちは、エウジェニオの父、レミジオ・ルベルトです。 私をエウジェニオに結び付ける愛は、時を超え、空間を超えています。

コメントを残します