読書時間: 4 分

オスカー・ワイルドのおとぎ話「幸福な王子」を読んで聞く

私たちが提案するこの夜のおとぎ話は、私たちの存在の基本的な価値観を振り返ることを可能にします。

私たちは読み、聞き、反省します。

Oscar Wilde

オスカー・ワイルドとして知られるオスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルズ・ワイルド (1854 年 10 月 16 日ダブリン - 1900 年 11 月 30 日パリ) は、ビクトリア朝時代のアイルランドの作家、アフォリスト、詩人、劇作家、ジャーナリスト、エッセイスト、文芸評論家、英国の退廃主義と美学の代表者。 著者の出身地…もっと見る

一緒に読んでみましょう:

C’era una volta, nella piazza di un paese, la statua di un principe felice: era una statua ricoperta d’oro e tempestata di gemme e gioielli.

町の住民は、何年も前にそれらの土地を統治していた王子を記念してそれを建てました.彼ほど幸せな人はいないと言われていました.

ある秋の日、ツバメが銅像にとまりました。ツバメはエジプトのオアシスで寒さから逃れようと南へ飛んでいたのですが、疲れて止まってしまいました。

その夜、ツバメは王子の像が大声で泣いていることに気づきました。 "何が起きましたか?" 教会。

「私の国を見てください」と王子の像はため息をつきました。 この人たちのことを心配する代わりに、私は自分の人生を踊り、狩り、パーティーに費やしてきました。 それでも、私はまだ何かをすることができました。」
ツバメは像の意味を理解していませんでした。

“Vedi quella donna laggiù? Suo figlio è malato e lei non ha i soldi per curarlo. Però, se potessi darle uno dei miei occhi…è un rubino grosso come un uovo: le basterebbe per curare il bambino e a sfamarlo per una vita intera. Anzi, non è che potresti occupartene tu?” chiese la statua alla rondine.

ツバメはそこにとどまるつもりはありませんでした。風が冷たくなり始めていたので、ツバメは絶対にエジプトに向けて出発しなければなりませんでした。 しかし、王子の涙と憧れが彼女を止めました。 彼は彫像の片方の目を取って女性に持ってきて、幸せな王子からの贈り物だと説明しました.

翌日、像は再び泣き始めました。 「あの子供たちを見てください。彼らは孤児で、2 日間何も食べていません。 彼らが私のもう一方の目を手に入れることができれば、彼らは一生の準備ができているでしょう. これは中国産のサファイアで、かなりの価値があります。」
幸せな王子はもう一度、ツバメを説得して立ち止まり、サファイアを貧しい子供たちに届けました。

3日目、像はまだ泣いていました。 「粉屋に王冠を渡せたら、彼と彼の 10 人の子供たち全員が生きていかなければならないでしょう。」 そしてツバメは、もうその国を心に留めていたので、彫像の頭から王冠を外し、それを製粉業者に渡しました。

秋の間、ツバメは田舎にとどまり、幸せな王子が宝石を街の貧しい人々に配るのを手伝いました。 しかし、冬が来ると、小鳥は寒さで病気になりました。 王子の像は彼女にエジプトに向けて出発するように忠告しましたが、ツバメは弱すぎて像にとまったままでした. 12月、ツバメは息を引き取り、王子の足元に落ちました。

Nel frattempo, il sindaco del paese, vedendo la statua spoglia di tutti i suoi gioielli, ordinò di farla a pezzi e di fonderla: “Al suo posto” disse “metteremo una bella statua in mio onore”. E così fecero, con l’eccezione del cuore del principe, che non ne voleva sapere di fondersi. Non appena la statua fu pronta, il sindaco la fece collocare al centro della piazza.

一方、王子の青銅の心臓とツバメの小さな体はゴミ箱に捨てられました。

Ma questa storia non è destinata ad un finale così triste: infatti, dopo il Natale, passò di lì un angelo, che vide il cuore e la rondinella coperti di neve. “Due creature tanto buone non possono giacere abbandonate tra i rifiuti” pensò l’angelo.

それで、彼は彼らを迎えに行き、天国に連れて行き、そこで彼らは今日も幸せに暮らしています.

Il principe felice
Il principe felice 8

一緒に聞いてみましょう:

Le favole della buonanotte
おとぎ話
幸せな王子
Loading
/

助けてください!

Il principe felice 6
あなたの少額の寄付で若いがん患者に笑顔を届けます

読むには: