読書時間: 4 分

穏やかなチョコレートを読んで聞く

これ寓話 は、怒ったり癇癪を起こしたりすると、対処するのが本当に難しくなる私たちの大小の愛に捧げられています. 心落ち着くチョコレート、大人の私たちにも合うかも知れない魔法のドリンク。

私と一緒に読んでください

アイラは美しく、とても良い子でした。

ただ、ゲームがうまくいかないとき、彼女は激怒する子供になりました。
彼の 議事録 彼は言った:「イラ、そんなに怒らないで。 さあ、解決策を見つけよう」と言いましたが、少女は泣いて泣いて、落ち着く方法がありませんでした。
Un giorno Ira stava costruendo una torre con i mattoncini delle costruzioni.

彼女はそれを非常に高くしたかったので一生懸命働きました: レンガからレンガまで. しかし、一瞬で塔が崩壊し、その破片がいたるところにありました!
イラは激怒しました。 彼女は泣き叫び、沈黙の妖精を目覚めさせました。
La mamma di Ira era in cucina e stava lavando i piatti: aveva deciso di lasciare da sola Ira, perché si decidesse una volta per tutte a finirla con questi capricci.

彼は何も見えなかった:沈黙の妖精、子供たちだけが見ることができる全金髪の女性でさえなかった.
沈黙の妖精は少女にこう言いました。
「アイラ、なんでそんなに泣いてるの?」
「私はただ泣いているだけです」とアイラは言いました。
"わかりました。 あなたはまだ穏やかなチョコレートを飲んでいないので泣いています.
「落ち着いたチョコレートって何?」と気になる伊良さんですが、何よりもチョコレートという言葉にとても興味を持ちました。
「魔法の料理を作る、魔法のチョコレートです。 キッチンはありますか、アイラ?」

la cioccolata della calma
おもちゃのキッチン


“Ho una cucina-gioco, di legno, che mi ha regalato la mamma, ma non è magica”, rispose la bimba.
“Questo lo dici tu”, disse la fata.

「キッチンの場所を教えて、材料を用意します」.
La fata si avvicino alla cucina di Ira: c’erano i fornelli, un lavandino, un forno, un orologio per controllare l’ora mentre si cucinava.

「彼は本気だ」とアイラは考え、ソースパンとスプーンを彼女に手渡した。
「魔法のチョコレートはどうやって作るの?」 少女は尋ねた。
「ここだ」と沈黙の妖精は鍋の中でかき混ぜながら言った。

「ココア、砂糖、片栗粉…牛乳を忘れてしまったので、もらえますか?」.

Ira aveva anche un frigo di legno, tra i mobiletti della sua camera. Tornò dalla fata con il bricco del latte, sempre più curiosa.

鍋の中には何もありませんでした: 妖精のふりをしたのか、それとも本当にチョコレートが届くのでしょうか? イラはそう感じ始めていた…
“Vieni, Ira, mescola un po’ tu”.

Ira si avvicinò alla cucina e mescolò, con il cucchiaio, nel pentolino.

「ゆっくり、ゆっくりと向きを変えて、10まで数えてください」と妖精は言いました。 「よろしいですか?」と少女は言いました。 「きっと」と妖精は言いました。 彼らは一緒に混ざり合った。 1, 2, 3 …: 少女は 10 まで数えることを学びました!
木製のキッチンは本当に魔法のようでした! 鍋の中に、いい香りのするクリームが見え始めました。 「味わってみて」と妖精はアイラに言いました。

「いいですね」と少女は叫びました。 こんなに甘いチョコレートは初めて…」 落ち着いたチョコレートです。 ただし、ゆっくりと混ぜて10まで数える忍耐力がある場合にのみ、それを手に入れることができます」と妖精は説明しました.
In quel momento la mamma, accortasi che Ira non piangeva più, tornò a vedere che cosa era successo.
“Mamma, vuoi una tazza di cioccolata?”, chiese la bambina. La fata del silenzio era scomparsa; Ira, però, non era più una bambina che andava su tutte le furie, perché aveva la ricetta della cioccolata della calma.

Le favole della buonanotte
おとぎ話
安らぎのチョコレート
Loading
/

助けてください!

La cioccolata della calma 5
あなたの少額の寄付で若いがん患者に笑顔を届けます

読むには: