冬にソフィアが吹く風を読んで聞く

Cari amichetti miei, oggi qui a Dragoni è stata una giornata uggiosa, senza sole. Umidità ovunque, nebbia fitta che evitava di vedere oltre il nostro naso.

Io preferisco il freddo asciutto, queste temperature così non sono l’ideale. L’aria umida è fastidiosa, non permette di giocare, di correre all’aperto. Subito sudata, e fastidiosamente stanca…

La 真の芸術作品です。 著者(私は知らなかった)は ウィリアムシェイクスピア, e la lettura mi è stata suggerita da papà.

実際、私はこの詩の解説も読んで、自分が何を読んでいるのかをよりよく理解しました。 この偉大な著者は、 come paragone dell’ingratitudine delle persone. Eh, si, anche quella è fredda e fa tanto male.

私と一緒に読んでください

冬の風が吹く
あなたはそれほど残酷ではありません
人間の魂の恩知らずのように。
あなたの歯はそれほど鋭くない
誰もあなたを見ていなかったという理由だけで、
息が荒くても。

Hey-oh, sing, hey-oh ホーリーグリーンに
より大きな友情を装うなら、
それはただの狂気を愛していた
ほら、ホリー!
本当にこの人生はとても楽しいです。

凍らせろ 苦い空を凍らせろ
近いから痛くない
すべての利点を忘れているので
あなたは水を波立たせ、
あなたのうねりはそれほど鋭くない
友人が彼女を覚えていなかったこと。

ねえ、歌って、ねえ、ヒイラギの緑に。
より大きな友情を装うなら
ただの狂気を愛していた
ねえ、ヒイラギ。
本当にこの人生はとても楽しいです。

冬の風が吹く
冬の風が吹く 吹く 4

詩を聞く

おとぎ話
Le favole della buonanotte
冬の風が吹く
ブローブローウィンドウィンド2
/

Si, ha proprio ragione vero? il freddo, per quanto faccia male non è malvagio quanto l’animo umano. Bene, siamo a fine anno, che ne dite cari amichetti di fare questo bel proposito? da venti freddi, diventiamo tutti dei dolci e caldi venti primaverili che abbracciano l’animo umano e tutti i nostri vicini.

フランチェスコとエウジェニオからおやすみなさい、きっと私が甘いそよ風になるのを手伝ってくれるでしょう。

フランチェスカ・ルベルトのアバター

こんにちは、フランチェスカ・ルベルトです。エウジェニオ・ルベルトの妹です。 私は 2011 年 11 月 11 日にカプア (CE) で生まれました

コメントを残します