読書時間: 3 分

電話で物語を読んだり聞いたりする 兵士の毛布

La coperta del soldato
兵士の毛布 4

一緒に読みましょう

兵士ヴィンチェンツォ・ディ・ジャコモ、すべての終わりに
戦争中、彼はぼろぼろの軍服を着て、ひどい咳をしながら家に帰った。
そして軍用毛布。 咳と毛布
それらは彼の長期にわたる収入のすべてを表していました
戦争時代。

今は休みます」と家族に告げた。 でも咳は
彼に休息を与えず、数か月後には墓まで運ばれました。
Alla moglie ed ai figli rimase solo la coperta per ricordo.

I figli erano tre, e il più piccolo, nato tra una guerra e
もう一人は5歳でした。 兵士の毛布が落ちた
彼。

Quando vi si avvolgeva per dormire, la mamma gli
長い物語を語った、その物語の中に妖精がいました。
すべてを覆うのに十分な大きさの毛布を編んだ
寒かった世界の子供たち。 でもそれはいつもそこにあった
外に残って泣きながら尋ねた子供もいました。
毛布の隅で暖をとるのは無駄です。

それから妖精は
毛布をすべて開梱して最初からやり直さなければなりませんでした
それを織って、少し大きくするために、そうしなければならなかったので、
一度に織られた一枚のブランケット、e
non si potevano fare aggiunte.

良い妖精が働きました
昼も夜もやっては元に戻すが、決して疲れることはなかった。
小さな男の子はいつも物語が始まる前に眠ってしまった
終わったが、それがどのように終わったかはまったく分からなかった。

その小さな子はジェンナーロと呼ばれ、その小さな家族は
彼はカッシーノの近くに住んでいました。 冬はとても厳しかったですが、
食べるものは何もなく、ジェンナーロの母親は病気になりました。

ジェンナーロは特定の隣人に預けられました。
彼らは放浪者で、キャラバンを組んで、
国々は部分的に物乞いをし、部分的には遊んでいる
アコーディオン、籐のバスケットを販売しているものもあります。
彼らは道の駅で製造していました。

ジェンナーロへ
彼らはオウムの入った檻を与え、そのくちばしで、
彼は小さな箱から数字が書かれたメモを取り出した
giocare al lotto.

ジェンナーロはオウムを見せなければならなかった
もし彼らが彼に数枚のコインを与えたら、彼は彼らを釣らせるだろう
un bigliettino al pappagallo.

日は長かったし、
退屈だ、人々がいる国ではよくあったことだ
貧しく、施しとして与えるものが何もなかったのですが、
ジェンナーロは薄いパンのスライスに触れると、
空になったスープのボウル。

しかし夜になると
ジェンナーロは軍人の父親の毛布に身を包みました。
それはすべてその富であり、その香り高い暖かさの中にありました
彼はオウムが物語を聞かせてくれる夢を見て眠りについた
おとぎ話。

Uno dei girovaghi era stato soldato col padre di
ジェンナーロは子供に懐き、百について説明した
旅の途中で出会ったものや、
楽しいことが彼に名前の標識の読み方を教えました
町や都市の。

分かりますか? それがAです。あの他のドライドライらしいです
柄のない棒が私です。こぶのあるあの棒が
P.


ジェンナーロは早くから学びました。 放浪者は彼に何かを買った
ノートと鉛筆を持ち、標識を書き写すことを教えた
道。

ジェンナーロは何ページにもわたって次の名前を書きました。
ANCONA、あるいは PESARO のそれと、ある日彼はなんとか成功しました。
自分の名前を一文字ずつ、何も書かずに書きます。
エラー。 あの夜、毛布の中でなんて美しい夢だろう
お父さん軍人。

Gianni Rodari

Giovanni Francesco Rodari, detto Gianni[1] (pronuncia Rodàri, /roˈdari/; Omegna, 23 ottobre 1920 – Roma, 14 aprile 1980), è stato uno scrittore, pedagogista, giornalista e poeta italiano. È l’unico scrittore italiano ad aver vinto il Premio Hans Christian Andersen (1970). (leggi ancora)。

一緒に聞きましょう

mamma legge la fiaba
おとぎ話
兵士の毛布
Loading
/

5x1000 を私たちの協会に寄付してください
費用は一切かかりませんが、私たちにとっては非常に価値のあるものです。
小さながん患者を助けるためにご協力ください
あなたが書く:93118920615

最新記事

pregare il Rosario
2024 年 4 月 20 日
祈ることを選択してください
libro del Vangelo
2024 年 4 月 20 日
2024 年 4 月 20 日の言葉
rana, animale, frog
2024 年 4 月 19 日
口の広いカエル
gioia nel cuore
2024 年 4 月 19 日
喜びを選択してください
Remigio e Giuseppina mano nella mano
2024 年 4 月 19 日
私は残ります!

今後のイベント

××