ルイージ・ベルトラーメ・クアトロッキとマリア・コルシーニ

読書時間: 4 分

結婚して祝福される:ルイジ・ベルトラーメ・クアトロッキとマリア・コルシーニ

ルイ

ルイジ・ベルトラーメ・クアトロッキは年に生まれました。 カターニア 1880年1月12日。1890年に彼はに引っ越した。 ローマ 1902年に彼はそこで法学を卒業しました。

Un anno prima, però, incontra Maria Corsini che sposerà il 25 novembre 1905. Dalla loro unione nascono quattro figli: Filippo nel 1906 (in seguito don Tarcisio), Stefania nel 1908 (divenuta poi suor Cecilia), Cesare nel 1909 (religioso anche lui, con il nome di p. Paolino) ed Enrichetta nel 1914.

彼はさまざまな省庁で数多くの役職を歴任しており、 エンパス IRI、イタリア銀行、イタリア商業銀行、国立ラヴォロ銀行、公共事業コンソーシアム、STET の法律コンサルタント。 仕事と家族への献身にもかかわらず、ルイージは実りある使徒職に全力を尽くし、カトリック協会に参加しました。

輝かしいキャリアを経て、ルイージは 1946 年に州名誉司法副長官の称号を持って退職しました。

1919年、友人のガエターノ・プルヴィレンティとともにサンタ・プデンツィアーナ大聖堂に祝祭礼拝堂を設立し、後にローマ第20スカウト部門となり、1923年まで監督を務めた。1921年にASCIの一般評議員に任命され、1927年まで務めた。

彼は今でも教授と協力しています。 ルイージ・ゲッダは、カトリック男性運動と市民委員会で、行政顧問としてオルビス庁の創設を支持している。 政治研究センターでレッジョ・ダチ殿下とジャチーニ殿下を補佐する。 彼はGIAC、キリスト教再生運動、家族戦線で働いています。 最後に、UNITALSIの担架担ぎ手としての彼の存在は貴重である。 彼は1951年11月9日に心筋梗塞のためヴィア・デプレティスで亡くなった。

マリア・コルシーニ

Nasce a Firenze il 24 giugno 1884. A motivo dei diversi trasferimenti per il lavoro del padre, la famiglia si sposta da Firenze a Pistoia (1888), poi di nuovo a Firenze (1890), quindi ad Arezzo (1892) dove Maria riceve il sacramento della Cresima, e infine a Roma (1893), tappa definitiva.

まだ 18 歳だった彼は、彼の思考の深さを示す最初の 2 冊の出版物でデビューしました。 特に興味深いのは、1912年に教育問題に焦点を当てた新しい出版物「現代の教育問題における母親」です。

激しい器質的悪化の後、マリアは回復し、彼女がたゆまぬ使徒活動に身を投じることにつながる多大な富と霊的深みを持っていることを示しました。

Già nel 1914, a seguito del terremoto di Avezzano, si prodiga nell’assistenza ai feriti. Nello stesso anno inizia le catechesi alle donne presso la parrocchia di S. Vitale. Nel 1915 soccorre moralmente e spiritualmente i soldati della Prima Guerra Mondiale ricoverati nei diversi ospedali di Roma. Nel 1917 diventa Terziaria Francescana e nel 1919 è accolta nella Congregazione delle Dame dell’Immacolata. Nel 1920 entra nelle file del Consiglio Centrale dell’Azione Cattolica Femminile e diviene membro effettivo del Segretariato Centrale di Studio.

1936年、彼女はルルドとロレートに向かうUNITALSI列車で病人の同伴者となった。 1 年後、彼女は CRI の看護師向けコースを受講し、熱帯病を専門とするコースを修了しました。 1945年に彼はテルミニ駅での軽食事業に協力し、1946年から1947年には神父の取り組みに参加した。 ロンバルディと神父。 ラウンド "より良い世界」。

1965年、8月25日、マリア・コルシーニ・ベルトラーメ・クワトロッキは休暇中のセッラヴァッレ・ディ・ビッビエーナの別荘「ラ・マドンニーナ」でルイジが彼女のために建てた81歳で亡くなった。

祝福された配偶者たちは、並外れた方法で普通の生活を送りました。

平凡な家族の喜びや悩みの中で、ひときわ精神性に富んだ存在を実現することができた。

中心部では、聖母マリアへの親孝行が加えられた毎日の聖体が、毎晩暗唱されるロザリオと賢明な精神的助言者への言及によって呼び起こされました。

Così hanno saputo accompagnare i figli nel discernimento vocazionale, allenandoli a valutare qualsiasi cosa “dal tetto in su”, come spesso e con simpatia amavano dire… La vita coniugale e familiare può conoscere anche momenti di smarrimento.

Sappiamo quante famiglie sono tentate in questi casi dallo scoraggiamento. Penso, in particolare, a coloro che vivono il dramma della separazione; penso a chi deve affrontare la malattia e a chi soffre la scomparsa prematura del coniuge o di un figlio.

Anche in queste situazioni si può dare una grande testimonianza di fedeltà nell’amore, reso ancora più significativo dalla purificazione attraverso il passaggio nel crogiolo del dolore.

2001 年 10 月の列福式の際の聖ヨハネ・パウロ 2 世

ソース© バチカンニュース – Dicasterium プロコミュニケーション


5x1000 を私たちの協会に寄付してください
費用は一切かかりませんが、私たちにとっては非常に価値のあるものです。
小さながん患者を助けるためにご協力ください
あなたが書く:93118920615

最新記事

Dio Padre
23 Aprile 2024
La Parola del 23 aprile 2024
argyle socks, feet, red shoes, scarpette rosse e calzettoni
22 Aprile 2024
Le scarpette rosse
la porta di Dio
22 Aprile 2024
La Parola del 22 aprile 2024
un tranviere, un vigile urbano, un ferroviere, e un fornaio che ridono insieme
21 Aprile 2024
Non per tutti è domenica
pecore e capre
21 Aprile 2024
La Parola del 21 aprile 2024

今後のイベント

××