読書時間: 4 分

「パリーナ蘭の冒険的な誕生」を読んで聞いてください!

やあみんな!

Questa sera vi leggerò una nuova favola dal sito www.favoledellabuonanotte.it 題して「パリーナ蘭の冒険誕生!」。

avventurosa nascita dell’orchidea Pallina
パリーナ蘭の冒険的な誕生! 3

一緒に読みましょう

下草はすっかり夏の暖かさで、母グリーン・フェアリーは心の中で大きな感動を覚えました。

彼は、今がパリーナ蘭の種を蒔くのに最適な時期であると知っていたので、うれしく思いました。この蘭は、生まれる花の色を事前に知ることができないという、1 つの特殊性を持つ希少で貴重な花です。

マザーフェアリーは、多くの人が彼女に花を咲かせて成長させるのがどれほど難しいかを彼女に告げたにもかかわらず、素晴らしい蘭を栽培することを常に夢見ていました。

Con tono rassegnato la Fata Mary le aveva consigliato di lasciar perdere raccontandole di aver provato più di venti volte nella sua vita senza mai riuscire a vedere nascere il bellissimo fiore.

非常に熟練した職人であるトロールのフィアーさえも彼女に告げていました…

「パリーナ蘭を育ててみませんか?」 それは決して簡単なことではなく、挑戦するたびに、誕生するまでに3シーズンもの長い期間を費やさなければならないだろう。」

Per fortuna il troll Giardiniere, che aveva fatto nascere centinaia di quei fiori così preziosi, le aveva fatto coraggio: 

“Non ti arrendere prima di averci provato. Non è facile, questo è vero.  Dovrai trovare il seme adatto, aspettare la metà dell’estate, trovare il giardino giusto e piantarlo. Dovrai parlargli tutti i giorni e tenerlo sempre alla giusta temperatura in tutte le stagioni. Ne dovranno trascorrere ben 3 e dopo l’estate ci saranno un autunno e un inverno. La piccola orchidea dovrà nascere solo in primavera, la stagione più adatta per crescere.

私はあなたが優しい妖精であることを知っています、あなたは強くて愛情深い人です、あなたならできると知っているので、頑張ってください。」

緑の妖精は必要なものをすべて準備し、種とそれを植える庭を慎重に選び、夏の真ん中にそれを地面の下に置きました。

彼女はとても幸せな気分で、すでに自分の花を想像していました… ピンク、紫、青、黄色、彼女は気にしませんでした、それは彼女の美しい花だったでしょう。 彼女はその暖かさが彼女の中に強烈に浸透し、それが彼女の周囲のすべて、彼女の庭、そして彼女が出会ったすべての人々を包み込むのを感じました。 それは愛でした! 何日も何ヶ月も経ち、妖精は自分の種の世話をしました。その種は目には見えませんでしたが、成長しているのを感じました。

冬が到来し、かわいい妖精はいつも花の隣にいましたが、突然、予期せぬことが起こりました。 種が発芽していました! 残念なことに、まだ冬だったので、寒さで彼は干からびてしまっただろう。

Mamma Fata si sentì presa dallo sconforto e dalla paura e corse dal troll Giardiniere.

「トロル、助けてくれよ! 種が発芽するのが早すぎるよ!」

粘り強い庭師は庭に駆け込み、柔らかい新芽を見つけました。

彼はすぐに「小さな温室を建てなければなりません!」と言いました。

彼はフィアと二人の助っ人ゴブリン職人を呼び、新芽を暖かく保つために全面ガラス張りの小さな温室を建てた。

庭師はこれでは不十分かもしれないと考え、妖精のメアリーに助けを求めました。 独創的な妖精は、一番柔らかい毛糸を丸めて編み始め、貴重な初期の果物の葉を包む小さな靴下を作りました。

Intanto la dolce Fatina Verde, in preda alla disperazione, era andata a trovare Madre Natura e le aveva raccontato tutto! La dolcissima Madre le disse: 

“Sai perché il piccolo virgulto ha avuto fretta di uscire dalla terra? Perché non vedeva l’ora di crogiolarsi nel tuo caldo amore. Torna da lui e continua ad amarlo come hai sempre fatto.”

La Fatina Verde comprese e corse nel suo giardino dove i suoi amici si stavano prendendo cura del piccolo germoglio. Sentì intorno a sè una squadra la cui energia era l’amore, che ritornò a provare più forte che mai dentro e fuori di sé!

彼らは冬の間、なんとか庭を暖かく保ち、春が来ると、これまで見た中で最も美しく元気なパリーナ蘭である壮大な紫色の花が咲きました。

それで、彼らは温室と靴下を脱いだのですが、愛はありませんでした。母親の緑の妖精の腕の中に小さな紫色の戦士がいたので、愛は以前よりも強くて暖かいままでした。

みんなでハッピーリスニング!

一緒に聞きましょう

mamma legge la fiaba
おとぎ話
パリーナ蘭の冒険的な誕生!
Loading
/

スー・エレンとフランチェスカ、そしてあなたの小さな天使ユージェニオからもおやすみなさい。


5x1000 を私たちの協会に寄付してください
費用は一切かかりませんが、私たちにとっては非常に価値のあるものです。
小さながん患者を助けるためにご協力ください
あなたが書く:93118920615

次の投稿

最新記事

rana, animale, frog
2024 年 4 月 19 日
La rana dalla bocca larga
gioia nel cuore
2024 年 4 月 19 日
Scegliere la gioia
Remigio e Giuseppina mano nella mano
2024 年 4 月 19 日
私は残ります!
miracolo eucaristico, eucaristia
2024 年 4 月 19 日
2024年4月19日の言葉
Eucaristia
2024 年 4 月 18 日
2024年4月18日の祈り

今後のイベント

××