読書時間: 5 分

ファティマの聖母マリアの物語を読む

1917 年 5 月 13 日

1917年5月13日、ヴィラ・ノヴァ・デ・オウレン市(今日のレイリア・ファティマ教区)にあるファティマの集落、コヴァ・ダ・イリアで3人の子供が小さな群れを放牧していた。 彼らの名前は、ルチア・デ・ヘススちゃん(10歳)と、いとこのフランチェスコ・マルト君とハシンタ・マルト君(9歳と7歳)でした(福者に列福されました)。 聖ヨハネ・パウロ二世 2000 年 5 月 13 日)。

正午頃、彼らはいつものようにロザリオを唱えた後、今日大聖堂が建っている場所に集めた石で小さな家を建てました。

太陽よりも明るい貴婦人

突然、彼らは大きな光を見た。 それは閃光だと思って、彼らは立ち去ろうと決めましたが、別の閃光がその場所を照らし、小さなホルムオークの木の上(現在、御出現の礼拝堂が立っている場所)が見えました。「太陽よりも明るい貴婦人」その手には白いロザリオがぶら下がっていました。

聖母は三人の小さな羊飼いに、たくさん祈る必要があると言い、コヴァ・ダ・イリアに戻るよう勧めました。

「」…半年連続で、13日のこの時間に来てほしいとお願いに来ました。 後ほど、私が何者で、何を望んでいるのかをお話します。 その後、7回目にまたここに戻ってきます…世界の平和と戦争の終結を得るために、毎日ロザリオを唱えてください…「」

子どもたちは何日もかけてそうしました136月:

「」…Gesù vuole servirsi di te per farmi conoscere e amare. Egli vuole stabilire nel mondo la devozione al mio Cuore immacolato. A tutti coloro che aderiranno a questa devozione, io prometto la salvezza; le loro anime saranno gradite a Dio come fiori deposti da me sul Suo trono…»;

7月13日:

«… Se si darà ascolto alle mie richieste, la Russia si convertirà e si avrà la pace… Il santo Padre mi consacrerà la Russia che si convertirà, e verrà concesso al mondo un periodo di pace. Quando reciterete il Rosario, dopo ogni decina dite: “O Gesù mio! Perdonateci, liberateci dal fuoco dell’inferno, portate in Cielo tutte le anime, specialmente quelle che più ne hanno bisogno… »;

8月19日(出現はその地域で起こった)「ドス・ヴァリーニョス」アルジュストレルから約500メートル、13日に子供たちが市長に誘拐され、ヴィラ・ノヴァ・デ・オウレンに連れて行かれたため):

«…13日もコヴァ・ダ・イリアに行って、毎日ロザリオを唱え続けてほしいです。… »;

139月:«…ロザリオを唱え続けて戦争を終わらせましょう… »。

前回の登場では、10月13日、約7万人の人々の前で、女性はこう言いました。私の名誉のためにここに礼拝堂が建てられることをお伝えしたいと思います。 私はロザリオの聖母です。 私たちが常に毎日ロザリオを唱え続けることができますように。 戦争は終わりに近づいており、兵士たちは間もなく帰国するでしょう…»

出現の後、その場にいた全員が目撃しました。約束された奇跡7月から9月にかけて、3人の子供たちに、銀の円盤に似た太陽が、難なく直せるようになって、火の輪のように回転して、地球に落ちようとしているように見えた。 イベントのニュースが新聞の一面に掲載されましたオ・セキュロ、1917年10月15日、リスボンの。

宗教的なルーシー

その後、ルチアがすでに宗教的になっていたとき、 聖ドロテア, 聖母は再びスペインで(1925年12月10日と1926年2月15日にポンテベドラ修道院で、また1929年6月13日と14日の間の夜にトゥイ修道院で)彼女の前に現れ、最初の5つへの献身を求めました。毎月の土曜日( ロザリオ マリアの汚れなき御心に対して犯した罪の償いとして、その神秘について瞑想し、告白して聖体拝領を受けること)、そして ロシアの汚れなき御心への奉献. 聖母はすでに1917年7月13日にこの要請を発表されていました。

数年後、ルチアは、1916 年の 4 月から 10 月にかけて、天使が 3 回、3 回、1 回に 2 回、3 人の予言者たちに現れたことを再び明らかにしました。「ロカ・ド・カベソ」そして一度はルチアの家の庭にある井戸でした。 これらの出現の中で、天使は彼らを祈りと悔い改めに招待しました。

1917 年以来、世界中から何千人もの巡礼者がコヴァ ダ イリアへの訪問をやめることはありません。 当初は毎月 13 日が主でしたが、その後は夏休みと冬休み期間中、そして今では週末や平日にも巡礼者が増え、年間合計約 400 万人が巡礼します。

聖ヨハネ・パウロ二世

マリアの汚れなき御心への世界の奉献で開催されました サン・ピエトロ広場、1984年3月25日にバチカンで。その機会に、聖ヨハネ・パウロ二世 (Karol Józef Wojtyła、1978-2005) は、御出現の礼拝堂で崇拝されているファティマの聖母像の存在を求めました。

委託と奉献の行為

像の前で教皇はこう繰り返した。委託と奉献の行為彼は1982年5月13日にファチマでそれを行いましたが、聖母に宛てた最後の言葉は次のとおりでした。

«Accogli, o Madre di Cristo, questo grido carico della sofferenza di tutti gli uomini! Carico della sofferenza di intere società! Aiutaci con la forza dello Spirito Santo a vincere tutti i peccati: il peccato dell’uomo e il “peccato del mondo”, infine il peccato in tutte le sue manifestazioni. Che si riveli, ancora una volta, nella storia del mondo l’infinita potenza salvifica della Redenzione: la forza infinita dell’Amore misericordioso! Che esso fermi il male! Che esso trasformi le coscienze! Che si manifesti per tutti, nel Tuo Cuore Immacolato, la luce della Speranza! » 

Beata Maria Vergine di Fatima
ファチマの聖母マリア

ソース gopeloftheday.org


5x1000 を私たちの協会に寄付してください
費用は一切かかりませんが、私たちにとっては非常に価値のあるものです。
小さながん患者を助けるためにご協力ください
あなたが書く:93118920615

最新記事

Udienza Generale del 17 aprile 2024
2024 年 4 月 17 日
2024 年 4 月 17 日の一般視聴者
Eucaristia
2024 年 4 月 17 日
2024年4月17日の言葉
croce su vetro appannato
2024 年 4 月 16 日
2024年4月16日の祈り
madre e figlio
2024 年 4 月 16 日
母さんに頼むよ
sole
2024 年 4 月 16 日
新しい思いやり

今後のイベント

××