読書時間: 3 分

『笛吹き男』を読んで聴いてください

やあみんな! 今夜、ひとつ教えてあげる 寓話 che ha una bella morale: ad essere avari non ci si guadagna nulla. Anzi!

E’ una storia che deve lasciarci un insegnamento:

私と一緒に読んでください

C’era una volta la città di Hamelin, in Germania: i suoi abitanti erano conosciuti ovunque per la loro avarizia. Quando si accorsero di quanto spendevano a nutrire i loro gatti, decisero di mandarli via dalla città.

こうして、ハーメルンは、貪欲で不快な住人たちと同様に、国内で唯一猫の影のない都市として有名になりました。

この知らせは、大挙して到着したネズミたちを大いに喜ばせた。

あっという間に彼らは地下室、倉庫、穀倉にはびこりました。

こうしてハーメルンは、貪欲で不快な住人たち、国内で唯一猫の影のない都市としてだけでなく、ネズミの生息地としても有名になった。

C’erano topi di tutte le forme e le dimensioni: dagli innocenti topini di campagna alle pantegane, grosse come uno scarpone da montagna.

Gli abitanti di Hamelin erano disperati e nemmeno il sindaco sapeva cosa fare.

ところがある日、小男が市庁舎の門に現れ、市長にこう言いました。「ネズミからあなたを解放してあげますが、金貨が千枚欲しいのです。」

市長は会計を行った。コイン1000枚は猫の飼育費の半分だった。 それで彼は受け入れました。

L’omino prese dalla sua sacca uno zufolo e cominciò a suonare. Come per magia, i topi uscirono dalle cantine e dai granai e lo seguirono, incantati dal suono dello zufolo.

何千匹ものネズミが家から出てきて、小男を追って川へ向かいました。 ハーメルン中のネズミたちは皆、穴から出てきて彼を追ってきました。一匹も残っていませんでした。

Il pifferaio si immerse nell’acqua fino alla cintura e i topi lo seguirono, nuotando come potevano.

しかしすぐに、げっ歯類は激流に押し流され、溺死してしまいました。 笛吹き男は上陸し、水を振り払ってハーメルンに戻り、報酬を受け取りました。

“E tu vorresti mille monete d’oro per aver suonato lo zufolo?” gli disse il sindaco. “Da me non avrai proprio niente, cialtrone che non sei altro”.

小男は市庁舎から追い出され、町の他の住民も彼を罵りました。

“Ah sì?” disse loro il pifferaio magico “Pagherete cara la vostra avarizia! Ah se vi pentirete”.

それから彼はバッグからフラジオレットを取り出してハーメルンの街の門に向けて出発しました。 小男が遊び始めると、突然子供たちが家や学校から出てきました。

ネズミたちに起こったのと同じように、町の子供たちは皆、笛吹き男の魔法のパイプの音に魅了され、走ったり跳ねたりする笛吹き男の後を追いかけました。

il pifferaio magico
笛吹き男

I loro genitori cercarono di fermarli, ma non ci fu niente da fare: i bambini uscirono dalla città.

Il pifferaio camminò suonando fino alle montagne; poi, fece entrare tutti i bambini in una grotta e sigillò l’ingresso con una pietra.

その日以来、子供たちは街に戻らず、彼らに何が起こったのか誰も知りません。 洞窟の外には小さな子が一人だけ残っていました。彼は足が不自由で、疲れ果てて森の中で立ち止まっていました。

おとぎ話を聞いてください

mamma legge la fiaba
おとぎ話
笛吹き男
Loading
/

5x1000 を私たちの協会に寄付してください
費用は一切かかりませんが、私たちにとっては非常に価値のあるものです。
小さながん患者を助けるためにご協力ください
あなたが書く:93118920615

最新記事

action, adult, athlete, disabili che giocano
2024 年 4 月 17 日
Disabilità: via libera ultimo decreto attuativo
la misericordia di Dio
2024 年 4 月 17 日
Ecco com’è davvero la misericordia…
Udienza Generale del 17 aprile 2024
2024 年 4 月 17 日
2024 年 4 月 17 日の一般視聴者
Eucaristia
2024 年 4 月 17 日
2024年4月17日の言葉
croce su vetro appannato
2024 年 4 月 16 日
2024年4月16日の祈り

今後のイベント

××