使徒聖アンドリューの物語を読む

殉教者。 11月30日に祝われた

アンドリュー (ギリシャ語で Ανδρέας)、正教会の伝統に従って名付けられたプロトクレトスまたは最初に呼び出された. 確かに、それは福音書から推測されます ジョン アンドリューがイエスに従った最初の人であると言うことに加えて、彼は他の詳細を提供します: «ジョバンニ(バッティスタ)の言葉を聞いて後を追った二人のうちの一人は、弟のアンドレアだった。 シモン・ピーター.

彼は最初に弟シモンに会い、彼に言った:「」私たちは救世主(キリストを意味する)を見つけました「」イエスは、彼をじっと見つめて言われた。「」あなたはヨハネの息子シモンです。 あなたの名前はCephas(ピーターを意味する)になります」。 翌日、イエスはガリラヤに向けて出発することにしました。 フィリップに会い、彼にこう言いました。フォローしてください」。 ピリポはアンドリューとペテロの町ベツサイダの出身でした。 » (ヨハ 1,40-44)

したがって、アンドリューは紀元前6年にベツサイダで生まれましたが、彼の名前は、他のギリシャ人の名前と同様に、この使徒の元の名前ではないことはほぼ確実です.

アンドレアと兄のピエトロは漁師でした: «ガリラヤの海を通り過ぎると、彼はシモンとシモンの兄弟アンデレが海に網を投げているのを見た。 彼らは実際には漁師でした。 イエスは彼らにこう言いました。「」私について来なさい、私はあなたを人間の漁師にします」。そしてすぐに、網を離れて、彼らは彼を追いかけました。»(マルコ 1:16-18)

福音書では、アンドリューはイエスの最も親しい弟子の一人として、多くの重要な機会に出席したことが示されています。

«彼がオリーブ山の神殿の前に座っていると、傍観者としてピーター、ヤコブ、ジョン、アンドリューが彼に質問した..» (マルコ 13:3);

«弟子の一人、シモン・ピーターの兄弟であるアンデレは、彼にこう言いました:「ここに、大麦のパンが 5 つと魚が 2 匹いる男の子がいます。 しかし、これは非常に多くの人々にとって何ですか?». (ヨハ 6,8-9);

«フィリポは行ってアンデレに話し、アンドリューとフィリポは行ってイエスに話しました。イエスはこう答えました。「」人の子が栄光を受ける時が来た」 »(ヨハ 12:22-23)。

Negli atti degli apostoli, invece, Andrea è menzionato marginalmente, come altri apostoli, del resto : “Entrati in città salirono al piano superiore dove abitavano. C’erano Pietro e Giovanni, Giacomo e Andrea, Filippo e Tommaso, Bartolomeo e Matteo, Giacomo di Alfeo e Simone lo Zelòta e Giuda di Giacomo.”(At 1,13).

Lo storico Eusebio di Cesarea (ca. 265-340) ricorda, nelle sue “Origini”, che Andrea predica il Vangelo in Asia Minore e nella Russia meridionale. Poi, passato in Grecia, guida i cristiani di Patrasso. Qui subisce, il 30 novembre del 60, il martirio per crocifissione: appeso con funi a testa in giù, secondo una tradizione, a una croce in forma di X; quella detta poi “croce di S. Andrea」。

Nel 357 i suoi resti vengono portati a Costantinopoli ma il capo, tranne un frammento, resta a Patrasso. Nel 1206, durante l’occupazione di Costantinopoli (quarta crociata) il legato pontificio cardinale Capuano, di Amalfi, trasferisce quelle reliquie in Italia; nel 1208 gli amalfitani le accolgono solennemente nella cripta del loro Duomo.

Quando nel 1460 i Turchi invadono la Grecia, il capo dell’Apostolo viene portato da Patrasso a Roma dove sarà custodito in S. Pietro per cinque secoli fino a quando il Beato Paolo VI (Giovanni Battista Montini, 1963-1978), nel 1964, fece restituire la reliquia alla Chiesa di Patrasso di cui S. Andrea è il patrono.

聖アンドリューに起因する他のすべての知られている遺物は、彼の崇拝のいくつかの基本的なポイントに位置しています: 聖アンドリュー大聖堂で アマルフィ、スコットランドのエジンバラにある聖マリア大聖堂、ポーランドのワルシャワにある聖アンドリュー教会と聖アルバート教会。 聖人の遺物が保管されている別の場所は、シッコ カジノS.アポリナーレ(フロジノーネ)にあります。

聖アンドリューは、スコットランド、ロシア、プロイセン、ルーマニア、ギリシャ、アマルフィ、ルア (マルタ) の守護聖人でもあります。

聖アンドリューの饗宴は、東西の教会で 11 月 30 日に記憶され、スコットランドの国民の祝日であり、その上に「聖アンドリューの十字架"。

アンドレアという名前の意味:「男らしく、元気」(ギリシャ語)。

詳細については、法王ベネディクト 16 世のカテケシスをお読みください。 アンドリュー、プロトクレテ
[クロアチア語フランス語英語イタリア語ポルトガル語スペイン語ドイツ語]

使徒聖アンデレ
セントアンドリュース

ソース © Gospeloftheday.org

Ultimo aggiornamento: 14 Novembre 2022 14:51 by レミギウス・ロバート

レミジオ・ルベルトのアバター

こんにちは、エウジェニオの父、レミジオ・ルベルトです。 私をエウジェニオに結び付ける愛は、時を超え、空間を超えています。

コメントを残します