カルカッタの聖テレサ: 会衆「愛の宣教者」の創設者

テレサ オブ カルカッタ、本名アグネス ゴンジャ ボヤシュは、1910 年 8 月 26 日にスコピエでアルバニア人の両親を持つカトリックの裕福な家庭に生まれました。

8 歳で父を亡くし、家族は経済的に困窮しました。 の年齢から 十四年 彼は自分の教区が組織した慈善団体に参加し、1928 年に 18 歳のときに志願者として慈善修道会に入会することで誓いを立てることにしました。

Inviata nel 1929 in Irlanda a svolgere la prima parte del suo noviziato, nel 1931, dopo aver preso i voti e assunto il nome di Maria Teresa, ispirandosi a Santa Teresa di Lisieux, partì per l’India per completare i suoi studi. Diventò insegnante presso il collegio cattolico di St. Mary’s High School di Entally, sobborgo di Calcutta, frequentato soprattutto dalle figlie dei coloni inglesi. Negli anni che trascorse alla St. Mary si distinse per le sue innate capacità organizzative, tanto che nel 1944 fu nominata direttrice.

カルカッタ郊外の劇的な貧困との出会いは、若いテレサを深く内省させます。彼女がメモに書いたように、彼女は「通話中の通話」.

Nel 1948 ebbe l’autorizzazione dal Vaticano ad andare a vivere da sola nella periferia della metropoli, a condizione che continuasse la vita religiosa. Nel 1950, fonda la congregazione delle “愛の宣教師」(ラテン語でCongregatio Sororum Missionarium Caritatis、 英語で愛の宣教師またはマザーテレサの姉妹)、その使命は世話をすることでした「貧しい人々よりも貧しい」そして「社会から望まれず、愛されておらず、世話をされていないと感じているすべての人々、社会の重荷になり、誰からも敬遠されてきたすべての人々」.

最初の支持者は 12 人の少女であり、その中にはセント メアリーズでの彼女の元生徒も含まれていました。 彼はユニフォームとして青い縞模様の無地の白いサリーに落ち着きました。これは、小さな店で販売されているサリーの中で最も安かったため、マザー・テレサが選んだようです. 彼は彼が呼んだ小さな建物に引っ越した「死にゆくカリガートの家」、カルカッタ大司教区から彼に与えられました。

ヒンズー教の寺院に近いことは、マザー・テレサが改宗していると非難し、大規模なデモで彼女を追い出そうとする後者からの厳しい反応を引き起こします. 宣教師によって呼び出された警察は、おそらく暴力的な抗議に脅かされ、マザー・テレサを逮捕することを恣意的に決定しました。 病院に入った検査官は、切断された子供に彼女が愛情を込めて与えたケアを見て、それを手放すことに決めました。 しかし、マザー・テレサとインド人との関係は時とともに強化され、誤解が残っていたとしても、平和的な共存が達成されました。

彼が別のホスピスを開いた直後、«Nirmal Hriday (i.e. Pure Heart)»、そして再びハンセン病患者の家と呼ばれる«Shanti Nagar (cioè Città della Pace)»そして最後は孤児院。

オーダーはすぐに両方を引き付け始めました新兵」と西側市民からの慈善寄付により、1960年代までに彼はインド全土にホスピス、孤児院、ハンセン病患者の家を開設しました。

マザー・テレサの国際的な名声は、1969 年の BBC のレポートが成功した後、非常に大きくなりました。「神にとって美しいもの」有名なジャーナリストのマルコム・マガリッジによって作成されました。 このサービスは、カルカッタの貧しい人々の間での修道女の仕事を記録しましたが、ホーム フォー ザ ダイイング, a causa delle scarse condizioni di luce, si ritenne che la pellicola si potesse essere rovinata; tuttavia lo spezzone, quando fu inserito nel montaggio, apparve ben illuminato. I tecnici sostennero che fu merito del nuovo tipo di pellicola utilizzato, ma Muggeridge si era convinto che fosse un miracolo: pensò che la luce divina di Madre Teresa avesse illuminato il video, e si convertì al cattolicesimo.

ドキュメンタリーはまた、奇跡とされているおかげで、マザー・テレサの姿をニュースで前面に押し出す並外れた成功を収めました。

1965 年 2 月、祝せられたパウロ 6 世 (ジョヴァンニ バティスタ モンティーニ、1963 年から 1978 年) は、慈愛の宣教者たちに「」の称号を与えました。教皇権の会衆」そして、インド国外にも拡大する可能性があります。

1967 年にベネズエラにメゾンを開設し、その後 70 年代から 80 年代にかけて、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、アメリカにオフィスを構えました。 オーダーは、観想的な支部と 2 つの平信徒の組織の誕生によって拡大しました。

Nel 1979, ottenne, infine, il riconoscimento più prestigioso: il Premio Nobel per la Pace. Rifiutò il convenzionale banchetto cerimoniale per i vincitori, e chiese che i 6.000 dollari di fondi fossero destinati ai poveri di Calcutta, che avrebbero potuto essere sfamati per un anno intero: “地上の報酬は、世界の貧しい人々を助けるために使用される場合にのみ重要です"。

1981年に「コーパスクリスティ” aperto ai sacerdoti secolari. Nel corso degli anni ottanta nasce l’amicizia fra San Giovanni Paolo II (Karol Józef Wojtyła, 1978-2005) e Madre Teresa i quali si ricambiano visite reciproche. Grazie all’appoggio del Papa, Madre Teresa riuscì ad aprire ben tre case a Roma, fra cui una mensa nella Città del Vaticano dedicata a Santa Marta, patrona dell’ospitalità.

1990 年代には、慈愛の宣教師団は 4,000 ユニットを超え、50 の家がすべての大陸に広がっていました。

しかし、その間、彼女の状態は悪化しました。1989 年、心臓発作の後、彼女はペースメーカーを装着しました。 1991年、彼は肺炎で病気になりました。 1992年、彼は新たな心臓の問題を抱えていました。

Si dimise da superiora dell’Ordine ma in seguito ad un ballottaggio fu rieletta praticamente all’unanimità, contando solo qualche voto astenuto. Accettò il risultato e rimase alla guida della congregazione.

1996年4月、マザー・テレサが転んで鎖骨を骨折。 1997 年 3 月 13 日、彼女は慈愛の宣教者会の指導者を完全に去りました。 同月、彼は最後に聖ヨハネ パウロ 2 世に会った後、カルカッタに戻り、9 月 5 日の午後 9 時 30 分に 87 歳で亡くなりました。

Il suo lavoro, svolto con immenso amore, tra le vittime della povertà di Calcutta, le sue opere e i suoi libri di spiritualità cristiana e di preghiere, alcuni dei quali furono scritti insieme al suo amico Frère Roger, l’hanno resa una delle persone più famose al mondo.

死後わずか 2 年後、聖ヨハネ パウロ 2 世は、教会の歴史上初めて、特別な例外を設けて列福の手続きを開始しました。この列福プロセスは 2003 年の夏に終了し、10 月 19 日に列福されました。カルカッタの祝福されたテレサの。

カルカッタ大司教区は、2005 年に列聖の手続きを開始しました。

彼のメッセージは常にタイムリーです。世界中のコルカタを見つけることができます- 彼女は言いました - 、見る目があれば。 どこにでも、愛されていない人、必要とされていない人、世話をされていない人、拒絶された人、忘れられた人がいます"。

I suoi figli spirituali continuano in tutto il mondo a servire “貧しい人々の中で最も貧しい人々」孤児院、ハンセン病患者の病院、老人ホーム、シングルマザー、死にゆく人々。 あまり知られていない 2 つのメンズ ブランチを含め、全部で 5,000 店あり、世界中の約 600 軒の家に分布しています。 彼の働きを続けている何千人ものボランティアと奉献された信徒を数えることはありません。 「私が死んだら- 彼女は言いました -私はあなたをもっと助けることができます…"。

詳細については:

>>> 列福

カルカッタのマザー・テレサは、2016 年 9 月 4 日日曜日に聖人と宣言されました。「」Beatam Teresiam de Calcutta Sanctam esse decernimus et definimus ac Sanctorum Catalog adscbimus…"。
フランシスコ ne ha presieduto il rito di canonizzazione in una gremitissima Piazza San Pietro, davanti a circa 120 mila persone, arrivate da tutto il mondo, soprattutto dall’Albania, terra madre della giovane Agnes, e dall’India, terra di vita e sepoltura, 19 anni fa, di Santa Madre Teresa.
70 人の枢機卿、400 人の司教、1,700 人を超える司祭がフランシスコと共に祝祭を行いました。

カルカッタの聖テレサ
カルカッタのマザー・テレサ

ソース vangelodelgiorno.org

最終更新: 2022 年 12 月 30 日 午後 1 時 6 分 レミギウス・ロバート

レミジオ・ルベルトのアバター

こんにちは、エウジェニオの父、レミジオ・ルベルトです。 私をエウジェニオに結び付ける愛は、時を超え、空間を超えています。

コメントを残します